@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

他魯毎【たるみー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

他魯毎
たるみい
(?―1429)

沖縄の三山(さんざん)時代の山南(さんなん)(南山)最後の王。汪応祖(おうおうそ)の長子といわれるが、尚巴志(しょうはし)の子とする史書もあり、出自不明の点が多い。達勃期(たぶち)により殺害された汪応祖の後を受けて1415年(応永22)山南王となり、同年、冊封使陳季芳(ちんきほう)により冊封を受けた。進貢貿易を盛んに行い、他の二山(中山(ちゅうざん)、山北(さんほく))に対して優位を得ようとしたが、29年(永享1)中山王尚巴志の手で攻め滅ぼされた。近世の正史『中山世鑑(ちゅうざんせいかん)』には悪徳の王として描かれている。

[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他魯毎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他魯毎の関連情報

関連キーワード

足利義教足利義教永享正長ジャンヌ・ダルク日本年号一覧足利義教シリア化学兵器問題琉球王国シリアの化学兵器使用問題

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation