@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

付・着・就・即・憑【つく】

精選版 日本国語大辞典

つ・く【付・着・就・即・憑】
[1] 〘自カ五(四)〙
[一] あるものと他のものとのすきまがなくなる。離れない状態になる。
① 接触する。また、触れそうに近づく。
※万葉(8C後)二〇・四四三九「松が枝のつちに都久(ツク)まで降る雪を見ずてや妹が籠り居るらむ」
※更級日記(1059頃)「河上の方より黄なる物流れ来て、物につきてとどまりたるを見れば」
② くっついて離れない状態になる。付着する。
※万葉(8C後)二〇・四三八八「旅と云(へ)ど真旅になりぬ家の母(も)が着せし衣に垢都枳(ツキ)にかり」
※徒然草(1331頃)二一五「小土器にみその少しつきたるを見出て」
③ 色、よごれ、傷など、何か行なった跡が残る。
※万葉(8C後)七・一三七六「やまとの宇陀の真赤土(まはに)のさ丹着(つか)ばそこもか人の吾を言(こと)なさむ」
※源氏(1001‐14頃)帚木「かかるきずさへつきぬれば」
④ 連歌や俳諧で、前の句と後の句とがうまく連関する。
※連理秘抄(1349)「かくいへばとて、一向につかぬ句をせよとにはあらず」
[二] ある人、物事などに従う。
① ある人に心を寄せる。その言葉に従う。また、従い学ぶ。
※万葉(8C後)一四・三五一四「高き嶺(ね)に雲の着くのすわれさへに君に都吉(ツキ)なな高嶺と思ひて」
※平家(13C前)二「西光と云下賤の不当人めが申事につかせ給て」
② あとに続いてゆく。ある人、物のそばに添う。話などを理解してあとに従う。つき添う。
※古今(905‐914)離別・三七五・詞書「つかさをたまはりて、あたらしきめにつきて、年へてすみける人をすてて」
※土左(935頃)承平五年一月二一日「使はれんとて、つきてくるわらはあり」
③ 対立するものの一方に加わる。味方をする。
※平家(13C前)九「中にも阿波讚岐(あはさぬき)の在庁ども、平家をそむいて源氏につかんとしけるが」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「子供の石合戦を見たるに、其一方の人数は、殆ど他の方の二倍なりし故、見る者、皆多き方に就きたり」
④ ある場所に沿う。
※万葉(8C後)九・一六八九「荒磯辺に着(つき)て漕がさね杏人(ももさね)の浜を過ぐれば恋しくありなり」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一「追分から高等学校に附(ツ)いて右に曲がって」
⑤ ある物事に、他の事が付随する。ある事に応じて起こる。
※源氏(1001‐14頃)若紫「法花三昧行なふ堂の懺法の声、山おろしにつきてきこえくる」
※源氏(1001‐14頃)蓬生「風につきてさとにほふがなつかしく」
⑥ 物事のどちらか一方に従う。また、はっきりと、ある状態になる。
※蜻蛉(974頃)上「とにもかくにもつかで、よにふる人ありけり」
※徒然草(1331頃)一七四「大につき小を捨つることわり」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「官員とも見えず、商人ともつかぬ言語恰好」
⑦ 漢文的表現で、対象がある状態や方向にすすむ。
※菅家文草(900頃)一・重陽侍宴、賦景美秋稼「万里如雲稼、重陽就日晴
[三] ある気持、力、作用などがはたらく。
① ある気持になる。
※竹取(9C末‐10C初)「深き心も知らで、あた心つきなば」
※古今(905‐914)恋二・五八九「つゆならぬ心を花におきそめて風吹くごとに物おもひぞつく〈紀貫之〉」
② 力、知恵などが加わる。
※伊勢物語(10C前)六三「世心つける女、いかで心なさけあらむ男にあひ得てしがなとおもへど」
※平家(13C前)五「勢のつかぬ先にいそぎ打手をくだすべし」
③ (憑) 神仏、物のけなどが、のりうつる。とりつく。
※万葉(8C後)二・一〇一「玉葛(たまかづら)実ならぬ樹にはちはやぶる神そ著(つく)とふならぬ樹ごとに」
※宇治拾遺(1221頃)四「物のけ、物つきにつきていふやう」
④ 病気にかかる。感染する。
※大和(947‐957頃)一七〇「あさましうかかる病(やまひ)もつくものになむありける」
⑤ 効果などが生じる。
※源氏(1001‐14頃)柏木「まだ験(げん)つくばかりの行なひにもあらねば」
⑥ 火が燃え始める。また、あかりがともる。
※万葉(8C後)二・一九九「春さり来れば 野ごとに 著(つき)てある火の 風のむた なびかふごとく」
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉下「見る間に不動明王の前に燈明(あかし)が点(ツ)き」
⑦ 植木やさし木が、地面に根を張る。根づく。
※俳諧・鷹筑波(1638)三「ひっちぎり植てもつくや餠つつじ〈利正〉」
⑧ (目、耳、心などに)知覚される。
※万葉(8C後)一・一九「へそかたの林のさきの狭野榛(さのはり)の衣に着くなす目に都久(ツク)わが背」
※俳諧・曠野(1689)二「藪深く蝶気のつかぬつばき哉〈卜枝〉」
⑨ 運が向く。
※東京の孤独(1959)〈井上友一郎〉台風一過「こんな所で、猿丸さんにお会い出来るなンて、ほんとに、あたくし、ツイてますわ」
[四] ある定まった状態になる。
① 性質や状態としてそのものにそなわる。
※蜻蛉(974頃)中「いと葉しげうつきたる枝に」
※枕(10C終)四九「目はたたざまにつき、眉は額ざまに生ひあがり」
② 名前、値段などが定められる。「値がつく」
※枕(10C終)三七「もろこしに、ことごとしき名つきたる鳥の」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉六月暦「前者の方が存外面白くて安くつく」
③ 道などが設けられる。「道がつく」
④ ある状態に落ちつく。ある結果や結論が出ておさまる。「かたがつく」「想像がつく」
※右京大夫集(13C前)「大方の身のやうもつく方なきにそへて」
※科学者と芸術家(1916)〈寺田寅彦〉「永い間考へて居てどうしても解釈の付かなかった問題が」
⑤ 身や心によく合う。
※枕(10C終)二七八「あざやかなる衣どもの身にもつかぬを着て」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いとをかしげにかしづかれたる人とは見ゆれど、心にもつかずおぼえ給て」
[五] ある地位、場所などに身を置く。
① (着) 進んで行ってある場所に至る。
※万葉(8C後)一五・三六八八「今日か来む 明日かも来むと 家人は 待ち恋ふらむに 遠の国 いまだも都可(ツカ)ず」
※源氏(1001‐14頃)須磨「申の時ばかりにかの浦につき給ひぬ」
② (即) ある地位、特に、帝位にのぼる。
※古今(905‐914)仮名序「東宮をたがひにゆづりて、位につき給はで」
③ (着) 座をしめる。ある場所にすわる。
※落窪(10C後)二「供の人々は〈略〉すゑたる所共につきて、くひののしりて座にゐ並みたり」
※梵舜本沙石集(1283)八「折節酒宴の座席にて、侍ひ共百人計り座に着たるに」
④ (就) ある役目や任務を負う。「任につく」
※伊勢物語(10C前)一一四「今はさること似げなく思ひけれど、もとつきにける事なれば、大鷹の鷹飼にてさぶらはせ給ひける」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「首尾めでたく領事館に入りて、通弁〈略〉の職に就(ツ)きぬ」
[六] (「…につき」「…につきて」「…について」などの形で用いる)
① …に関する。→つき(就)
※蜻蛉(974頃)上「『むかしすきごとせし人も、いまはおはせずとか』など、人につきてきこえごつを聞くを、ものしうのみおぼゆれば」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「此虫に就きては、種々の面白き話あり」
② …の理由による。→つき(就)
③ …を単位とする。「一回について(つき)百円」→つき(就)
[2] 〘他カ四〙
① くっつける。付着させる。
※源氏(1001‐14頃)帚木「おのがじしは、塵もつかじと身をもてなし」
② 添え加える。特に、名を与える。
※高野本平家(13C前)一「いかさま是は祇といふ文字を名について、かくはめでたきやらむ」
※保元(1220頃か)中「法名を義法房とぞつかれける」
③ 相手として持つ。また、自分の身にそなえ持つ。
※大鏡(12C前)三「この御ぞうの、頭あらそひにかたきをつき給へば」
※徒然草(1331頃)一八八「大なる道をも成じ、能をもつき、学問をもせんと」
[3] 〘他カ下二〙 ⇒つける(付)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付・着・就・即・憑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

付・着・就・即・憑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation