@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

付子【ツケコ】

デジタル大辞泉

つけ‐こ【付(け)子】
鳴き声のよいウグイスホオジロなどのそば同類をつけ、その音色(ねいろ)を習わせること。また、そのつけておく鳥。音(ねつけ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐し【付子/附子】
キンポウゲ科トリカブト属植物の側根アコニチンなどのアルカロイドを含み、毒性が強い。漢方で興奮・強心・鎮痛などに用いる。ぶす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ‐す【付子/附子】
ぶし(付子)」に同じ。
1が人から恐れられるところから》憎みきらうもの。
「若い時から犬は―でおりゃるよ」〈・天鼓〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

付子 (ブシ)
植物。キブシ科の落葉低木,薬用植物。キブシの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付子 (ブス・オウ)
植物。キンポウゲ科の多年草,園芸植物。トリカブトの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つけ‐こ【付子】
〘名〙 (「つけご」とも) ウグイスやホオジロなどの、鳴き声のよい鳥のそばに同類の鳥をつけておき、その音色を習わせること。また、そのつけておく鳴き方の未熟な鳥。→付け親
※浮世草子・御伽名代紙衣(1738)二「三光を囀る鶯かな持ちて、付子(ツケコ)の礼銀とりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

付子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation