@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

付属肢【ふぞくし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

付属肢
ふぞくし
appendage
動物の体から突出する,いわゆる脚などの付属物。環形動物 (ゴカイなど) の疣足 (いぼあし) は,ほぼ各体節ごとにみられ,付属の原型的なものと考えられる。クマムシなどでは,先端をもつ爪足へと発達し,節足動物では関節をもつ関節肢となる一方,付属肢を欠く体節も生じ,またある付属肢だけが特に発達したり変形したりして,歩行,保持などの機能に関して完成してくる。触角口器なども付属肢の変形である。脊椎動物では外肢といい,魚類のも含めて,体の中央にある正中肢と,左右に対をなす有対肢に大別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふぞく‐し【付属肢】
体節のある動物で、各体節にある肢。昆虫などの節足動物では触覚・口器・歩脚などに分化している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふぞくし【付属肢 appendage】
体節動物の各体節には1対の付属肢があるのが基本型である。ゴカイ類(環形動物)の各体節には,体壁の膨出したいぼ足がみられる。カギムシ(有爪動物),クマムシ(緩歩動物)の付属肢にはつめがあって,つめ脚となる。さらに節足動物になると,付属肢は分節して関節肢となり,先端節にはつめを生じ,機能的にも進化してくる。同時に体節の癒合や分化にともなって付属肢にも分化が生じる。頭節の付属肢は触角や口器(上,大あご,小あご下唇など)となり,胸節と腹節の付属肢はそれぞれ胸脚,腹脚として,歩行や遊泳に用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふぞくし【付属肢】
体節から成る動物において、原則として各体節に一対ずつある肢。環形動物の疣足いぼあし、節足動物の関節肢、脊椎動物の外肢など。分化して触角や口器・胸脚・腹脚・歩脚・遊泳脚・生殖肢などの区別も生じている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふぞく‐し【付属肢】
〘名〙 体節動物が各体節ごとに一対ずつ有する肢。各種の動物において、疣足・葉脚・爪脚・触角・口器・胸脚・腹脚・歩脚・遊泳脚・生殖肢・外肢などに分化する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付属肢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

付属肢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation