@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

付木【つけぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

付木
つけぎ
薄い短い木片の一方硫黄をつけたもので,火口 (ほくち) や炭火などから灯火などに火を移すのに使った。ひのきなどの材を薄く削り一定の長さとにそろえ,片方の端に水で練った硫黄を塗って乾かし,70~80枚から 100枚を1束として,江戸時代から江戸,大坂で盛んに売られた。マッチ (早付木) が普及するにつれて需要が減ったが,マッチと一緒に使われた時期もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つけ‐ぎ【付(け)木】
檜(ひのき)・松・杉などの薄い木片の先に硫黄を塗りつけたもの。火を他へ移すときに使う。いおう木。火つけ木。
マッチのこと。
魚・野菜などの品名値段を書きつけてある薄い木片。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つけぎ【付木】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

付木
つけぎ
火を他の物に移すときに用いる木片。初めは、竹くずや木くずが使われたが、近世にはヒノキ、マツ、スギなどの柾目(まさめ)の薄片の一端または両端に硫黄(いおう)を塗ったものとなり、江戸、大坂などで盛んに製造され、付木屋、付木売りによって売られた。付木はイオウギともよばれ、「祝う」に通じるところから、魔除(まよ)け、贈り物の返礼、引っ越しの挨拶(あいさつ)などに贈る風習があった。大正時代になると、マッチの普及により使用されなくなった。[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つけ‐ぎ【付木】
〘名〙
① 木材に樹木の枝などを付けたもの。樹木を結びつけて、立ち木に見せかけるもの。祭礼などで多く用いられる。
※延喜式(927)一五「付木三枝」
② 杉や檜(ひのき)などの薄い木片の一端に硫黄を塗りつけたもの。火を移し点じる時に用いる。ゆおうぎ。
※言継卿記‐天文二年(1533)一二月二九日「つけ木六束如例年」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「ひばちの火をつけ木にうつし」
③ 食料品店・魚屋などで、品名や値段などを書きしるしてある薄い木片。
※雑俳・柳多留‐一二三(1833)「大たばな顔て附木の買くらい」
※落語・目黒のサンマ(1891)〈禽語楼小さん〉「幾らかと思って附木(ツケギ)に書(け)へて有るのを見ると安いから」
④ ちょっとしたことを書き付けるのに用いた、小さな薄い板。
※俳諧・武玉川(1750‐76)一七「附木に道を書し飛神 呉服屋傘で高安の里」
⑤ マッチをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

付木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation