@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仙台藩【せんだいはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仙台藩
せんだいはん
江戸時代,陸奥国宮城郡仙台地方 (宮城県) を領有した外様大藩。藩主伊達氏。藩祖政宗の代は 58万 5000石で,玉造郡の岩出山に居城があったが,慶長5 (1600) 年2万石加増,同8年に仙台に移った。同 11年に常陸で1万石,寛永 11 (34) 年に近江に 5000石の加増があり 62万 5000石となったが,その内高は 100万石以上といわれた。それは藩政初期からの新田開発により買米という米の専売制を基調としていたからである。仙台藩では地方知行 (じかたちぎょう) 制を幕末まで継続させ,石高制を用いずに玄米 10石を1貫文とする貫文制を使用していたが,このように旧制度をそのまま残存させ,そのうえ買米制度を設けて享保4 (1719) 年以降,宝暦期 (51~64) 頃まで仙台米によって江戸市場を独占した。しかし,その後は他藩の廻米に押されて藩財政は困窮し,幕末には大坂の蔵元升屋平右衛門の番頭山片蟠桃に藩財政が掌握されてしまう。その間,万治3 (1660) 年綱村は一関藩,岩沼藩各3万石を分立したが,寛文 11 (71) 年,いわゆる伊達騒動のあと,一関藩を廃して旧領に戻した。明治維新のときは,宗基が奥羽越列藩同盟の中心として新政権に反抗したため 28万石に削られ廃藩置県にいたる。江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

仙台藩
陸奥国、仙台(:△宮城県仙台市▽)を本拠地とした外様藩。藩主は伊達氏。仙台城(青葉城)は初代藩主の伊達政宗が築城したもの。幕末には奥羽越列藩同盟の中心で、戊辰戦争に破れ封。仙台県を経て宮城県となった。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

せんだいはん【仙台藩】
江戸時代陸奥(むつ)国宮城郡仙台(現、宮城県仙台市)に藩庁をおいた外様(とざま)大藩。藩校は養賢(ようけん)堂。豊臣秀吉(とよとみひでよし)小田原征伐の際、秀吉に服属した伊達政宗(だてまさむね)は、1591年(天正(てんしょう)19)に米沢(よねざわ)から玉造(たまつくり)郡岩出山(いわでやま)に移されたが、1600年(慶長(けいちょう)5)仙台に築城。03年に政宗が入城して仙台藩主伊達氏が成立した。当初は58万石だったが、関ヶ原の戦い徳川家康(とくがわいえやす)について60万石に加増、さらに34年(寛永(かんえい)11)までに、常陸(ひたち)国内に1万石、近江(おうみ)国内に1万石が加えられ、62万石となった。内高(実際の石高)は100万石を超えていたといわれる。当初は新田の開発、北上川の改修、石巻(いしのまき)港造成などを精力的に進めたが、家臣の割拠制が強く、寛文(かんぶん)年間(1661~73年)には御家(おいえ)騒動(伊達騒動)が起きた。中期以降は財政欠乏に苦しんだ。幕末に奥羽越(おううえつ)列藩同盟の中心となったが、戊辰(ぼしん)戦争に敗れて28万石に減封された。1871年(明治4)の廃藩置県で仙台県となり、翌年宮城県と改称した。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんだいはん【仙台藩】
陸奥国(宮城県)仙台に藩庁を置いた外様大藩。藩主は伊達氏で藩祖伊達政宗以下14代。1591年(天正19)政宗が出羽国米沢から玉造郡岩出山に移されたのが初めで,1600年(慶長5)仙台に築城した。所領は宇多郡(福島県)と亘理郡,伊具郡以北の現在の宮城県各郡,および現在の岩手県南部の気仙郡,磐井郡,胆沢郡,江刺郡にわたる20郡で58万石であったが,関ヶ原の戦のあと刈田郡が与えられて陸奥60万石の所領が確定,その後34年(寛永11)までに近江国内の1万石,常陸国内の1万石が加えられ62万石となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仙台藩
せんだいはん
陸奥(むつ)国仙台(宮城県)に藩庁を置く領知高62万石の外様(とざま)藩。1591年(天正19)藩祖伊達政宗(だてまさむね)が出羽(でわ)国米沢(よねざわ)から陸奥国岩出山(いわでやま)に入部し、さらに1600年(慶長5)仙台に居城を移し、以来廃藩まで伊達氏14代が続いた。藩領は当初58万石で、1634年(寛永11)確定の62万石は陸奥領21郡の60万石と賄料の近江(おうみ)国内1万石、常陸(ひたち)国1万石で、内高は100万石を超えた。戊辰(ぼしん)戦争(1868)後は28万石となり廃藩に至った。家臣団は伊達氏譜代(ふだい)のほか戦国期の大名級の武士などを新規に召し抱え、直臣8416人(1670年=寛文10)を数え、一門、一家、準一家、一族、宿老、着座、太刀上(たちあげ)、召出(めしだし)、平士の家格によって編成されていた。下級の組士は1050人、足軽以下は4670人であった。城下に屋敷を与えられたが、地方知行(じかたちぎょう)制で、大身は、城館の下に小城下町を有する城、要害、町場の所、農村の在所の4種に格付けされた軍事上・治安上の要地にそれぞれ配置され、侍屋敷や足軽屋敷を抱え、陪臣数の総計は約2万4000余人に及んだ。総人口は1742年(寛保2)は81万8061人、1825年(文政8)は68万7802人で、武士人口が他藩に比して多く、町方人口が少ないのを特色とした。
 土地制度は寛永(かんえい)総検地(1640~1643)で確立し、貫高制を採用し、貫高100文につき米1石納で知行高、租税高などを換算した。初期に北上川流路改修や石巻(いしのまき)開港などの領内開発のほか新田開発を進め、買米制を行い江戸廻米(かいまい)に力を入れ最大の財源とした。領内商業は城下大町を中心とする六仲間商人が独占し、在町の直仕入を禁止した。支倉常長(はせくらつねなが)の遣欧、桃山文化の摂取などに始まる藩政も、割拠する重臣の対立から伊達騒動を引き起こし、財政窮乏から藩札の発行や蔵元商人による買米制を行ったが、立て直すことができなかった。戊辰戦争には奥羽越(おううえつ)列藩同盟の中心となり大削封を受け、士族の帰農や北海道移住などの対応を行いながら廃藩置県を迎えた。歴代藩主は、政宗のあと、忠宗・綱宗・綱村・吉村・宗村・重村・斉村(なりむら)・周宗(ちかむね)・斉宗・斉義・斉邦・慶邦(よしくに)・宗基(むねもと)。1871年(明治4)廃藩、仙台県を経て宮城県に編入された。[渡辺信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仙台藩
せんだいはん
江戸時代,陸奥国仙台地方を領した外様藩
伊達政宗を初代とする外様大名。石高62万石。幕末の戊辰戦争で米沢藩とともに奥羽越列藩同盟の中心となって戦ったが敗れ,28万石に減封された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙台藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仙台藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation