@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仙洞【セントウ】

デジタル大辞泉

せん‐とう【仙洞】
仙人の住む所。
上皇御所。転じて、上皇。仙洞御所仙院

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんとう【仙洞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仙洞
せんとう

仙人の住む所、また俗界を離れた清浄な地の意から、太上(だいじょう)天皇(上皇(じょうこう))の御所。転じて太上天皇の別称となる。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐とう【仙洞】
〘名〙
① 仙人の住むところ。また、俗界を離れた清浄な地。かすみのほら。
※続浦島子伝記(920)「久侍仙洞之筵。常嘗霊薬之味
※保元(1220頃か)中「院君が仙洞に入りしも、秦室七世の風に帰りき」 〔白居易‐春題華陽観詩〕
② 太上天皇(上皇)の御所。仙洞御所。院の御所。仙院。
※菅家文草(900頃)五・感金吾相公、冬日嵯峨院即事之什「老鶴従来仙洞駕、寒雲在昔妓楼衣」
※筑波問答(1357‐72頃)「内裏・仙洞・執柄家にては、公卿は官、殿上人は名朝臣、五位は名ばかり、六位は姓名ばかり」
③ (②から転じて) 太上天皇。上皇。院。
※古今連談集(1444‐48頃)上「我も我もと遊び給て、せんとうの御車を立られしは、面白き見物」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙洞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仙洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation