@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

代行返上【だいこうへんじょう】

朝日新聞掲載「キーワード」

代行返上
厚生年金基金制度は、企業と社員が支払う厚生年金の保険料の一部を、国に納めずに企業が基金で運用し、老後に年金を給付する仕組み(代行)。実際の運用が国の予定する利回りを上回れば基金は上乗せ支給などに利用できたが、株安低金利で逆に穴埋めが必要になった。そこで、国は02年度から代行部分の返上を認めてきた。今年3月末までに783基金が返上した。
(2007-06-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

だいこう‐へんじょう〔ダイカウヘンジヤウ〕【代行返上】
厚生年金基金が国に代わって運用・給付を行っていた老齢厚生年金の一部(報酬比例部分から過去の報酬の再評価・物価スライド部分を除く部分)の支給義務を国に返上し、この代行以外の上積み給付部分の支給義務を確定給付型企業年金へ移行すること。移行した確定給付型企業年金の形態として、規約型企業年金基金型企業年金とがある。平成14年(2002)に施行された確定給付企業年金法で代行返上が認められるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代行返上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

代行返上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation