@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

代表取締役【ダイヒョウトリシマリヤク】

デジタル大辞泉

だいひょう‐とりしまりやく〔ダイヘウ‐〕【代表取締役】
株式会社取締役会決議によって選任され、業務を執行し、かつ会社代表する権限をもつ取締役

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

代表取締役
取締役会の意思決定に基づいて、会社の代表として運営を舵取りする者を指す。代表取締役は、取締役会で、取締役の中から選任される。株式会社には、代表取締役が1名以上いなくてはならない。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

世界大百科事典 第2版

だいひょうとりしまりやく【代表取締役】
会社の業務を執行し,対外的に会社を代表する取締役。株式会社は必ず1名以上必要とする。取締役の中から取締役会の決議によって選任される(商法261条1項)。代表取締役の氏名・住所は登記しなければならない(188条2項8号)。多くの会社は取締役の中に職階制を設け,会長,社長,副社長,専務取締役,常務取締役という役付きの取締役を置くが,これらは法律上の地位ではなく,登記もできない。役付きであっても,代表取締役に選任されていなければ,会社を代表する権限はない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいひょうとりしまりやく【代表取締役】
取締役のうち、会社を代表し、業務執行を指揮する者。株式会社では、取締役会または株主総会で選任することができる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

代表取締役
だいひょうとりしまりやく
委員会設置会社以外の会社において、会社を代表し、かつ、業務執行をなす機関。取締役会非設置会社では、原則として各取締役が代表取締役に該当することになる(会社法349条1項本文・2項)。ただし、定款、定款の定めに基づく取締役の互選または株主総会の決議によって、取締役のなかから代表取締役を定めることができる(同法349条3項)。取締役会設置会社では、代表取締役は必要的機関であり、取締役会が選定する(同法362条2項3号・3項)。取締役会は会議体であり、会社を代表・業務執行するには適しないからである。[戸田修三・福原紀彦]

権限

代表取締役の権限は会社の代表と業務執行自体である。株主総会または取締役会という会議体の機関が「業務執行の決定」を行い、この決定に基づいて、会社の「業務執行自体」を行い、かつ、会社を代表する権限を有する。ただ、業務執行には迅速性が要求されるので、ときに、取締役会から委譲された範囲内で代表取締役自身で「業務執行の決定」がなされることもある。とくに、日常業務の決定は代表取締役にゆだねられている。代表取締役の代表権は、会社の業務に関するいっさいの裁判上・裁判外の行為に及び(包括性・会社法349条4項)、会社はこの権限に制限を加えたとしても、この制限を知らない(善意の)第三者に対して制限がある旨を主張することはできない(不可制限性・同法349条5項)。[戸田修三・福原紀彦]

表見代表取締役

代表取締役でない取締役は代表権をもたないが、社長や副社長など代表権があると誤認させるような名称を与えられた取締役を表見代表取締役という。日本では、定款により、取締役のうち取締役会長、社長、副社長、専務取締役、常務取締役など、いわゆる役付取締役を設ける例が多いが、これと代表取締役とは観念上別個のものであることに注意を要する。そして、この表見代表取締役がした行為については、たとえ実際にはその者に代表権がないときであっても、会社は、代表権がない取締役の行為であることを知らない(善意の)第三者に対して責任を負うものとした(会社法354条)。通常、社長や副社長などの名称が付された者は、代表権があると信じられがちであるから、その外観を信頼した者を保護するためにこのような制度が設けられた。判例では、重過失のある第三者も悪意と同視している。[戸田修三・福原紀彦]
『土田義憲著『取締役・監査役の内部統制』(2007・中央経済社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいひょう‐とりしまりやく ダイヘウ‥【代表取締役】
〘名〙 株式会社の業務の執行にあたり、会社を代表する権限をもつ取締役。取締役会の決議により選任され、その氏名は登記事項とされている。会長、社長、副社長、専務取締役、常務取締役など。〔商法(明治三二年)(1899)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

代表取締役
だいひょうとりしまりやく
取締役」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代表取締役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

代表取締役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation