@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

代襲相続【だいしゅうそうぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

代襲相続
だいしゅうそうぞく
推定相続人である被相続人の子または兄弟姉妹相続の開始以前に死亡廃除相続欠格により相続権を失ったときに,そのの子がその者にって相続すること (民法 887条2項,889条2項) 。代襲者が相続開始以前に相続権を失っているときは,代襲者の子がさらにこれを代襲して相続する (887条3項) 。ただし,被相続人の兄弟姉妹の代襲相続権はその子 (被相続人のまたは) の1代に限る (889条2項) 。直系卑属が有する相続に対する期待を保護するため,公平の観点から設けられた制度である。代襲者は被相続人の直系卑属であることを要するが,被代襲者が相続権を失った時点で存在していることは要せず,相続開始当時に存在していれば足りる。相続分は,被代襲者が受けるべきであったものと同じである (901条) 。しかし,相続放棄は代襲原因とされていないので,相続を放棄した者の子は代襲相続することはできない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

代襲相続
相続人となるべき子が早く死亡して父母の相続開始時にいない場合、が子の相続権を引き継いで相続人となる。これを代襲相続という。孫が数人いる時は、そのである子(本来の相続人)の相続分を均分する。孫も先に死亡し、曾孫がいる時は、同様に曾孫が相続人となる。兄弟姉妹が先に死亡している場合は、その子(被相続人からすると甥姪)までは代襲相続が認められるが、甥姪の子には認められない。なお、相続放棄の場合には、代襲相続はない。
(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

だいしゅう‐そうぞく〔ダイシフサウゾク〕【代襲相続】
相続人相続の開始以前に死亡し、またはその他の事由により相続権を失ったときに、その者の子が代わって相続すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいしゅうそうぞく【代襲相続】
たとえば,Aが死亡したが相続人となるはずの子Bも死亡していたときはBの子CがAを相続するし(例1)(民法887条2項),また,Dが死亡したが相続人となるはずの妹Eが相続欠格者であるときはEの子FがDを相続する(例2)(889条2項)。代襲相続とは,このように,被相続人の子や兄弟姉妹が相続の開始以前に死亡・欠格・廃除(代襲原因)によって相続権を失った場合,その者の子(代襲者。ただし,例1では被相続人の直系卑属であることを要する)が,相続権を失った直系尊属(被代襲者)に代わりそれと同じ地位に上って被相続人を相続することをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいしゅうそうぞく【代襲相続】
相続人が相続の開始以前に死亡・廃除・相続欠格により相続権を失った場合、その者の直系卑属が代わって相続すること。代位相続。承祖相続。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

代襲相続
だいしゅうそうぞく
被相続人の子が被相続人の死亡以前に死亡したとき、または欠格・廃除によって相続権を失ったときに、その者の子(代襲者、被相続人の孫)が相続すること(民法887条2項)をいう。代襲者は被相続人の直系卑属であることが必要である(同法887条2項但書)。したがって、被相続人の子が養子である場合に、その養子縁組前に出生した養子の子は代襲者にならない。代襲者が被相続人の死亡以前に死亡したとき、または欠格・廃除により代襲相続権を失ったときには、代襲者の子がさらに代襲者となる(同法887条3項、再代襲)。被相続人に子およびその代襲者ならびに直系尊属がなく、兄弟姉妹が相続人である場合にも、代襲相続が行われるが、再代襲は行われない(同法889条2項)。[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいしゅう‐そうぞく ダイシフサウゾク【代襲相続】
〘名〙 相続の開始前に、相続人である子または兄弟姉妹が、死亡などの理由により相続権を失ったとき、その者の子が相続権を失った者と同順位で相続すること。承祖相続。代位相続。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代襲相続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

代襲相続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation