@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

代謝回転【たいしゃかいてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

代謝回転
たいしゃかいてん
metabolic turnover
ターンオーバーともいう。生体の構成物質が,量は一定であっても,代謝による流入と流出によって絶えず交替している現象をいう。無機イオンでは単なる出入りのみが問題となるが,蛋白質核酸など体内で合成される物質の場合は,合成と分解が均衡して総量を一定に保ちながら絶えず入替っている。いずれの場合にも,代謝回転の実証と回転速度の測定には同位元素の使用が必要となる。代謝回転によって半数分子が入替るのに必要な時間を生物学的半減期という。放射性同位元素の半減期が短い場合には,観測値に占める放射性同位元素の壊変割合が無視できないので,この補正が必要となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいしゃ‐かいてん〔‐クワイテン〕【代謝回転】
生体の組織細胞を構成する物質が、その総量をほぼ一定に保ちつつ、代謝によって交替する現象。ターンオーバー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

代謝回転
タイシャカイテン
metabolic turnover

生体成分の寿命.生体を構成する成分は,それぞれほぼ一定量に保たれているが,個々の分子でみると,絶えず合成と分解が繰り返されて動的平衡にある.寿命が短く,すぐに新しい分子と入れ替わるものは代謝回転が速く,逆のものは遅いという.タンパク質でよく調べられているが,分から月のオーダーまで分子によりまちまちである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

代謝回転

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代謝回転」の用語解説はコトバンクが提供しています。

代謝回転の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation