@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

以外【イガイ】

デジタル大辞泉

い‐がい〔‐グワイ〕【以外】
ある範囲の外側。「自分の職務以外のこと」⇔以内
(他の名詞や動詞に付いて)それを除く他の物事。「関係者以外入室禁止」「食べる以外に楽しみがない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐がい ‥グヮイ【以外】
〘名〙
① ある範囲の外側。⇔以内
※改正増補和英語林集成(1886)「コノ イタベイヨリ igwai(イグヮイ)
② (他の名詞や動詞に付いて) それを除く他の物事。そのほか。
※史記抄(1477)七「殺人以外は唯傷人及盗は、使至罪名耳ぞ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「黒の子分になって鼠以外の御馳走を猟ってあるく事もしなかった」 〔顔氏家訓‐勉学〕
[語誌](1)中国の典籍に用いられており、日本でも熟字としてはすでに奈良時代の文献にあるが、その読みは、日本書紀古訓によると「ほか」である。また、平安中期の古記録・古文書での読みは「もってのほか」である。
(2)中世以降、「以後」「以前」などにならって音読みが行なわれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もって‐の‐ほか【以外】
〘名〙 (形動)
① (事柄が常識や予想を越えていて)程度がはなはだしいこと。たいへんなこと。また、そのさま。困った状態、どうにもならない状態の場合に用いられることが多い。
※富家語(1151‐61)「知成と高声に召て後に、以外僻事仕候にける」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)相の山「御病気以の外のよし」
② (事柄が普通でなくとがめ立てされるような場合に用いる) とんでもないこと。けしからぬこと。
※浄瑠璃・酒顛童子付頼光山入(1678)「なんぞやあつまのあらゑびすを。むこに取べきいはれなしと、もっての外にの給へば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

以外」の用語解説はコトバンクが提供しています。

以外の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation