@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮名垣魯文【かながきろぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仮名垣魯文
かながきろぶん
[生]文政12(1829).1.6. 江戸
[没]1894.11.8. 東京
幕末~明治初期の草双紙,滑稽本作者,新聞記者。本名,野崎文蔵。滑稽本『滑稽富士詣』 (1860~61) で認められ,明治に入って『西洋道中膝栗毛』 (70~76) ,『安愚楽鍋 (あぐらなべ) 』などの開化風俗を描く滑稽本の代表作家となった。 1875年『仮名読新聞』 (『かなよみ』) を創刊。その後も多くの新聞に関係し,新聞小説の土台を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かながき‐ろぶん【仮名垣魯文】
[1829~1894]幕末から明治にかけての戯作者新聞記者。江戸の人。本名、野崎文蔵。別号、鈍亭など。著に、開化の風俗を描いた「西洋道中膝栗毛」「安愚楽鍋(あぐらなべ)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

仮名垣魯文 かながき-ろぶん
1829-1894 幕末-明治時代の戯作(げさく)者。
文政12年1月6日生まれ。万延元年(1860)の「滑稽富士詣」でみとめられ,明治4年「安愚楽鍋(あぐらなべ)」を発表して好評を博した。のち「仮名読新聞」や「いろは新聞」を創刊。新聞小説の前身の「続き物」にも腕をふるった。明治27年11月8日死去。66歳。江戸出身。本名は野崎文蔵。別号に鈍亭など。作品はほかに「高橋阿伝夜刃譚(たかはしおでんやしゃものがたり)」など。
【格言など】貧福は賢愚によらず。天の然(しか)ら令(しむ)るところなり(「胡瓜遣」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

仮名垣魯文
1829〜1894(文政12年〜明治27年)【ジャーナリスト】文明開化の世相を軽妙なタッチで風刺。 毒婦ものが大人気に。明治期の戯作者・新聞記者。本名野崎文蔵。江戸生れ、1860年(万延元)に「滑稽富士詣」で売りだし、明治維新後は「西洋道中膝栗毛」「安愚楽鍋(あぐらなべ)」で、維新後の文学空白期を埋めた。1872年(明治5)敬神愛国などを謳った三条の教憲発布の際、山々亭有人(ありんど)と「著作道書キ上ゲ」を上申、以後戯作者からジャーナリストへ転身。1875年「仮名読(かなよみ)新聞」を創刊、「高橋阿伝夜刃譚(おでんやしやものがたり)」などの毒婦・悪婦もので読者を魅了した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かながきろぶん【仮名垣魯文】
1829‐94(文政12‐明治27)
幕末・明治初期の戯作(げさく)者。江戸生れ。本名野崎文蔵。別号鈍亭,猫々道人(みようみようどうじん)。花笠文京の門に入り,《滑稽富士詣》(1860‐61)で認められ,戯作者としての地位を得る。明治維新後は《西洋道中膝栗毛》(1870‐76)で十返舎一九の作品を下敷きに,世界各国の地理風俗を俗解するという名目のもとに,風俗習慣の異なる外国での主人公たちの失敗譚を中心とする滑稽を描いて,評判となる。ついで文明開化期の世相をとらえた《安愚楽鍋(あぐらなべ)》(1871‐72)で話題をよぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かながきろぶん【仮名垣魯文】
1829~1894 江戸末期・明治初期の戯作者・新聞記者。江戸の人。本名、野崎文蔵。別号、鈍亭・猫々道人。花笠文京に師事。風刺のきいた戯文に長じた。「仮名読新聞」「魯文珍報」を創刊。著「安愚楽鍋あぐらなべ」「西洋道中膝栗毛」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仮名垣魯文
かながきろぶん
(1829―1894)
戯作者(げさくしゃ)、新聞記者。文政(ぶんせい)12年1月6日、江戸京橋に生まれる。本名野崎文蔵。別号鈍亭、猫々道人(みょうみょうどうじん)。花笠文京(はながさぶんきょう)の門に入り、安政(あんせい)大地震のルポルタージュ『安政見聞誌』(1855)、『滑稽富士詣(こっけいふじもうで)』(1860)などの作品により、戯作者として認められた。明治維新後は、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)』を模した『西洋道中膝栗毛』(1870~1876)を発表、弥次喜多(やじきた)の孫が世界の田舎(いなか)者として港々で失敗を演ずる滑稽譚(こっけいたん)の趣向が評判をよんだ。牛鍋(ぎゅうなべ)を楽しむ庶民の生態をスケッチして、開化の風俗を活写した『安愚楽鍋(あぐらなべ)』(1871~1872)とともに魯文の代表作である。1872年(明治5)「三条の教憲」公布後はしばらく執筆を控えていたが、やがて『仮名読新聞』『いろは新聞』などを創刊・主宰、新聞記者として活躍した。新聞の続き物を草双紙(くさぞうし)化した『高橋阿伝夜刃譚(たかはしおでんやしゃものがたり)』(1879)は、明治戯作の復活を促した意欲作である。明治27年11月8日没。[前田 愛]
『『明治文学全集1・2 明治開化期文学集(1)(2)』(1966、1967・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かながき‐ろぶん【仮名垣魯文】
幕末・明治初期の戯作者、新聞記者。江戸生まれ。本名野崎文蔵。別号鈍亭、野狐庵。開化期の世相を風刺した滑稽本で有名。著作「西洋道中膝栗毛(一~一一編)」「安愚楽鍋(あぐらなべ)」「高橋阿伝夜叉譚(おでんやしゃものがたり)」など。文政一二~明治二七年(一八二九‐九四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮名垣魯文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮名垣魯文の関連情報

関連キーワード

ピウス8世ユゴーギリシャ独立戦争ギリシア解放戦争ショパン土岐貞範ウィリアムズエンデオズーフポンペ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation