@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮名遣【かなづかい】

精選版 日本国語大辞典

かな‐づかい ‥づかひ【仮名遣】
〘名〙
① 日本語をかなで書き表わす時、同音のかなの使い分け。また、その使い分けについて示した規範。歴史的(古典)かなづかい、字音かなづかい、現代かなづかいなど。
※寒川入道筆記(1613頃)歌連歌同時聯句之事「歌も連歌も勿論かなつかひ句ぎり清濁にて事の外にちがふ事じゃ」
※古事記伝(1798)一「仮字用格(カナヅカヒ)のこと、大かた天暦のころより、以徃(あなた)の書どもはみな正しくて、〈略〉みだれ誤りたること一つもなし」
② 文字や文章の書き方。また、ことばの表現方法。
※評判記・色道大鏡(1678)九「文かくにだに仮名遣(カナヅカヒ)はあらたむべき事なるに」
③ 万葉仮名のように、漢字を表音文字として用いること。
※史記抄(1477)一五「呴犂湖 日本の仮名つかいのやうにつけをいた名ぢゃぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮名遣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮名遣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation