@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮定形【カテイケイ】

デジタル大辞泉

かてい‐けい【仮定形】
口語の活用形の一。用言助動詞の第五活用形。接続助詞」を伴って順接仮定の条件を示す。「行けば」「書けば」などの「行け」「書け」の類。文語已然形が、その機能を変えて、主として仮定表現に用いられるようになったところからついた名称。文語では、この働きは未然形が有する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かていけい【仮定形】
口語の用言・助動詞の活用形の一。六活用のうち、第五番目に置かれる。接続助詞「ば」を伴って、仮定条件を表す。「読めば」「見れば」「受ければ」の「読め」「見れ」「受けれ」の類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かてい‐けい【仮定形】
〘名〙 文法用語。活用形の一つ。口語の用言、助動詞の語尾変化の第五段。形容動詞または若干の助動詞を除いては、文中単独で用いられず、接続助詞「ば」を添えて、ま成立しない条件を仮定し、または条件の成り立つものと仮定する形。「読めば」「美しければ」「静かなら」「行ったら」の「読め」「美しけれ」「静かなら」「たら」の類。文語の已然形から転じて成立したもの。この機能は文語では未然形が果たす。〔日本口語法(1906)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮定形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮定形の関連情報

他サービスで検索

「仮定形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation