@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮観【けかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仮観
けかん
仏教では,あらゆる存在や事象には実体はありえず,空であると説くが,世俗的な相対的立場からは,それらは存在するものとして肯定的にとらえられる。その肯定的にとらえる観想法をいう。特に天台宗で説く。 (→一心三観 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け‐かん ‥クヮン【仮観】
〘名〙 仏語。
① 天台宗で説く空・仮・中の三観の一つ。すべての存在を空と観じた、その上に立って、すべてがあると観ずるもの。ただし天台円教の立場はこれを空・中の二観と同一視し、別視しない。〔摩訶止観‐三〕
② 真宗で説く真・仮の二観の一つ。正しい阿彌陀仏の観想として観経に説く前十三観を当て、このうち第九観を真観とするのに対して、他の十二をいう。
※愚禿鈔(1255)下「又復就正観仏、復有二種、一直観、二仮観」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation