@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮道管【かどうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仮道管
かどうかん
tracheid
束のあるすべての植物の茎幹にみられる組織。構成細胞は長形で,細胞膜厚し木化しており,側膜にはいろいろの模様がみられる。その形状によって道管状仮道管,繊維状仮道管に分けられ,前者シダ植物に,後者裸子植物および被子植物にみられる。水分通路であり,体の支持役割ももつ。道管に比べ,細胞同士がにつながる末端部が斜めに交わっていて,系統的には仮道管のほうが原型とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐どうかん〔‐ダウクワン〕【仮道管/仮導管】
維管束植物、特にシダ植物裸子植物木部(もくぶ)にあり、細胞壁の木化した細長い細胞が接した組織。水分の通路で、体を支持する役割ももつ。1本の管をなさない点で道管と区別される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かどうかん【仮道管 tracheid】
維管束植物の木部を構成する細胞の一つで,道管を欠く原始的なシダ植物と裸子植物では木部の主要素である。両端がとがった細長い紡錘形で,細胞壁には肥厚した二次壁が分化して,成熟すれば細胞質を失って管状の死細胞となる。せん孔はなく,二次壁には環紋・らせん紋・階紋・網紋・孔紋といった肥厚型があり,一般に前2者は原生木部仮道管に,後3者はその他の木部にみられる。中を水が通り,機械的支持機能も果たす。維管束【加藤 雅啓】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仮道管
かどうかん
tracheid

維管束植物の木部にあって水分の通路となる細胞の一種で、シダ類と裸子植物の主要な通道要素である。細胞の成熟につれて細長くなり、細胞壁はセルロースやリグニンの堆積(たいせき)により厚く木化し、完成と同時に原形質を失って死細胞となる。細胞壁にはところどころ壁が細胞間層だけからなる薄い部分があり壁孔(へきこう)とよぶが、仮道管では壁孔の縁(へり)の細胞壁が厚くなり壁孔側にせり出しているのでとくに有縁壁孔という。有縁壁孔の輪郭は細長い楕円(だえん)から円形で、とくに針葉樹では円形のみがみられる。この有縁壁孔が水分の通路で、仮道管は厚い細胞壁による機械的支持機能と水分流通の二つの働きをもっている。シダ類などの仮道管は上下に連なっており、各細胞が上下に接する壁の部分に有縁壁孔が集まって道管の穿孔板(せんこうばん)に似た状態になり、これをとくに道管状仮道管とよんでいる。ワラビなど一部のシダ類ではこの部分の細胞間層が消失して穿孔となっており、仮道管ではなくて道管である。このように仮道管と道管の違いは、有縁壁孔の部分の細胞間層があるか、それが消失して完全な孔(あな)となっているかであり、水分の流通のしやすさは後者が勝っており、通道組織としては仮道管のほうが原始的形態といえる。また双子葉植物にも仮道管はあるが、水分の流通は道管がもっぱらにし、機械的支持機能は木部繊維が行い、仮道管はこの両者の中間的形態を示す。これをとくに繊維状仮道管とよぶ。

[鈴木三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮道管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮道管の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation