@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仮面高血圧【カメンコウケツアツ】

デジタル大辞泉

かめん‐こうけつあつ〔‐カウケツアツ〕【仮面高血圧】
病院などの検査で測ると正常だが、家庭や職場で測ると高血圧である状態。→白衣高血圧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仮面高血圧
かめんこうけつあつ

診察室(医療機関)で測定する血圧が非高血圧であっても、診察室外(家庭で測定する血圧など)では高血圧を示す状態。診察時の血圧測定だけでは発見できず、高血圧がマスクされている(仮面をつけている)という意味でこのように呼称される。具体的には、診察室血圧の平均が140/90ミリメートル水銀柱(mmHg)未満で、家庭血圧が135/85mmHg以上あるいは自由行動下血圧測定(ABPM)での24時間平均血圧が130/80mmHg以上である場合をいう。

 仮面高血圧を構成する病態として早朝高血圧、昼間高血圧、夜間高血圧があり、診察室外血圧が上昇している時間帯で区別される。

(1)早朝高血圧 診察室血圧が140/90mmHg未満で、早朝に測定した家庭血圧の平均が135/85mmHg以上の場合。早朝高血圧には夜間高血圧から移行するタイプと朝方に血圧が急上昇するサージタイプがある。

(2)昼間高血圧 診察室血圧や家庭血圧が非高血圧でも、職場や家庭でのストレスにさらされている昼間の時間帯のABPMによる血圧の平均値や職場での血圧値が、再現性よく135/85mmHg以上となる場合。

(3)夜間高血圧 ABPMまたは家庭血圧計で測定した夜間(就寝中)血圧の平均が120/70mmHg以上の場合。

 仮面高血圧は、非高血圧を示す一般の人の10~15%、140/90mmHg未満にコントロールされている降圧治療中の高血圧患者の9~23%にみられ、仮面高血圧の人の脳心血管病発症のリスクは、非高血圧者と比較して有意に高く、持続性高血圧の人と同程度であるとされる。

 なお、仮面高血圧に対し、診察室で測定した血圧が高血圧であっても、診察室外血圧は非高血圧を示す状態を「白衣高血圧」という。医療従事者の着る白衣を見ると、緊張から血圧が上がることに由来する。

[編集部 2020年8月20日]

『日本高血圧学会編『高血圧治療ガイドライン2019』(2019・ライフサイエンス出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仮面高血圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仮面高血圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation