@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仲恭天皇【ちゅうきょうてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仲恭天皇
ちゅうきょうてんのう
[生]建保6(1218).10.10. 京都
[没]天福2(1234).5.20. 京都
第 85代の天皇 (在位 1221.4.20.~21.7.9.) 。名は懐成 (かねなり) 。順徳天皇の第4皇子。母は藤原良経の娘中宮東一条院立子。生誕の年に立太子。承久3 (21) 年4歳で受禅。承久の乱の結果,北条氏の強要でわずか在位 70日余で後堀河天皇譲位。このため,半帝,後廃帝,九条廃帝などと呼ばれ,明治3 (1870) 年仲恭天皇諡号が贈られた。陵墓は京都市伏見区深草本寺山町の九条陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうきょう‐てんのう〔‐テンワウ〕【仲恭天皇】
[1218~1234]第85代の天皇。順徳天皇の第4皇子。名は懐成(かねなり)。承久3年(1221)即位承久の乱のため、幕府により在位七十余日で廃されたので、九条廃帝・半帝と称された。明治3年(1870)仲恭天皇と追諡(ついし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

仲恭天皇 ちゅうきょうてんのう
1218-1234 鎌倉時代,第85代天皇。在位1221。
建保(けんぽ)6年10月10日生まれ。順徳天皇の第4皇子。母は藤原立子(りっし)(東一条院)。父の譲位により,4歳で践祚(せんそ)。しかし父が討幕をくわだて敗れた(承久(じょうきゅう)の乱)ため,正式な即位式もできないまま在位70日余で幕府により廃された。天福2年5月20日死去。17歳。明治3年仲恭天皇の諡号(しごう)がおくられ,歴代にくわえられた。墓所は九条陵(くじょうのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は懐成(かねなり)。別名に半帝,後廃帝,九条廃帝。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

ちゅうきょうてんのう【仲恭天皇】
1218~1234 第八五代天皇。名は懐成かねなり。順徳天皇の第四皇子。1221年四歳で即位、承久の乱勃発により70日余で退位。1870年(明治3)在位を認めて諡おくりなされた。半帝。九条廃帝。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仲恭天皇
ちゅうきょうてんのう
(1218―1234)
第85代の天皇(在位1221.4~7)。名は懐成(かねなり)。順徳(じゅんとく)天皇の第一皇子。母は中宮(ちゅうぐう)立子(りっし)(東一条院(ひがしいちじょういん)。九条良経(くじょうよしつね)の女(むすめ))。建保(けんぽう)6年10月10日誕生。践祚(せんそ)直後に承久(じょうきゅう)の乱が起こり、即位礼も大嘗会(だいじょうえ)も行わず、在位80日足らずで幕府のために廃された。このため半帝、九条廃帝などとよばれたが、1870年(明治3)に仲恭天皇と追諡(ついし)された。天福(てんぷく)2年5月20日没。御陵は京都市東山区の九条陵。[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

仲恭天皇 (ちゅうきょうてんのう)
生年月日:1218年10月10日
鎌倉時代前期の第85代の天皇
1234年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうきょう‐てんのう ‥テンワウ【仲恭天皇】
第八五代天皇。順徳天皇第四皇子。名は懐成(かねなり)。母は藤原立子。承久三年(一二二一)四月践祚後、まもなく起こった承久の乱で京方が敗れたため、在位七十余日で、鎌倉幕府によって廃された。世に九条廃帝と称せられ、また即位礼・大嘗会を行なわなかったため、半帝とも称された。その諡号は明治三年(一八七〇)の追諡。建保六~文暦元年(一二一八‐三四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仲恭天皇
ちゅうきょうてんのう
1218〜34
鎌倉前期の天皇(在位1221)
順徳天皇の皇子。順徳天皇のあとを継いだが,承久の乱後幕府に強要されてわずか70余日で後堀河天皇に譲位した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲恭天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲恭天皇の関連情報

関連キーワード

ジャヤバルマン[7世]長谷部信連壱番屋定時制・通信制高校島精機製作所覚園寺九条頼経泉涌寺ナイマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation