@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仲裁契約【ちゅうさいけいやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仲裁契約
ちゅうさいけいやく
arbitration clause
改正前の民事訴訟法上,当事者双方が第三者 (仲裁人) に現在または将来紛争解決をゆだね,その仲裁人の判断に従うことを約する契約。 1996年の民事訴訟法改正で「公示催告手続及ビ仲裁手続ニ関スル法律」 (明治 23年法律 29号) に移管された。その要件としては,当事者が係争物について和解の権利をもつこと,仲裁人に紛争の判断をさせること,将来の紛争に関するときには,一定の権利関係およびそれから生ずる争いに関することが必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲裁契約
ちゅうさいけいやく
コンプロミー」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅうさい‐けいやく【仲裁契約】
民事上の紛争の両当事者が、第三者である仲裁人を選定し、紛争の解決をその者の判断にゆだね、これに服することに合意する契約。
国際法上、発生した国際紛争を国際裁判に付託することを約する国家間の合意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうさいけいやく【仲裁契約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちゅうさい‐けいやく【仲裁契約】
〘名〙
① 民事上の紛争を、紛争当事者などの選定した第三者(仲裁人)の判断にゆだね、その判断に服することに合意する契約。〔仏和法律字彙(1886)〕
② 国際法上、すでに発生した国際紛争を国際裁判に付託することを約する国家間の合意。
※国際紛争平和的処理条約(明治三三年)(1900)四八条「仲裁裁判所は仲裁契約其の他紛争事件に関して援用せらるべき諸条約を解釈し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲裁契約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲裁契約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation