@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仲間【ナカマ】

デジタル大辞泉

なか‐ま【仲間】
一緒に物事をする間柄。また、その人。「趣味を同じにする仲間に加わる」「飲み仲間
地位・職業などの同じ人々。「文士の仲間
同じ種類のもの。同類。「オオカミは犬の仲間だ」
近世、商工業者の同業組合。官許を得たものを株仲間といった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかま【仲間】
歴史的には,江戸時代における商工業者が互いの利益を守るために結成した同業組合のことをいう。その中で幕府公許を得ていたものは〈株仲間〉と呼ばれた。この仲間メンバーの人数は限定されていたので,それへの加入権は株として譲渡・売買された。仲間は規約・役員を定め,寄合をもち,公儀への金品上納や人的奉仕と引換えに,営業上の保護と独占特権が与えられた。また生産や価格の相互規制を行うとともに,いっしょに行楽参詣に出けるなど,今日の同業者団体と変わらぬことを実施している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかま【仲間】
ある物事を一緒になってする者。 -に入る -を裏切る 遊び-
同じ種類に属するもの。同類。 鯨は哺乳類の-であって、魚の-ではない
近世、商工業者が結成した同業組合。 → 株仲間

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仲間
なかま
江戸時代,商工業者の同業者の団体
独自の法をつくり,営業権の独占をはかった。幕府に公認されたものを株仲間という。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仲間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation