@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

企業広告【きぎょうこうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

企業広告
きぎょうこうこく
institutional advertising
企業の歴史政策規模技術業績人材などを宣伝することによって,広く企業に対する信頼好意を獲得し,経営活動の円滑な遂行をはかることを目的とした広告。商品広告に対する。第2次世界大戦後,アメリカにおいて出現したもので,企業環境複雑となった今日,世界各国の企業において取上げられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きぎょうこうこく【企業広告】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

企業広告
きぎょうこうこく

企業の経営方針、歴史・伝統、生産・技術・研究、製品の多様性、社会への貢献など、企業のイメージ、社会性などを訴求する広告。直接製品やサービスを訴求する商品広告product advertisingと対比されるが、その間に一線は引きえない。日本でも、すでに明治時代からこの種の広告はみられるが、「企業広告」ということばは、第二次世界大戦後アメリカから導入されたインスティテューショナル広告institutional advertisingの訳語として生まれた。初め「制度的広告」ともよばれたが、1950年代の広告活動は産業界がほとんどすべてであったことから、企業広告という呼び名で定着し、PRやマーケティング戦略の一環として位置づけられた。コーポレート広告corporate advertisingあるいはPR広告public relations advertisingともいう。ほぼ類似の概念であるが、政府から非経済団体まで広告活動を行う現代では、PR広告というほうが包括的である。その訴求目的との関連で公共(奉仕)広告、意見広告などとも名づけられる。

 アメリカでは、企業広告は20世紀初頭にすでに出現しているが、戦後、高度産業社会の進展のなかで、企業イメージの統合や強大になってきたビッグ・ビジネスへの社会的批判への対応が、この種の広告活動を新展開させた。

 日本で企業広告がブームとなったのは、1960年代、高度経済成長のスタート以降である。1970年代には、消費者、環境、資源・エネルギーなどで企業が対応を迫られる課題が山積し、意見広告的な様相も示している。また、1970年代以降、地球温暖化など環境問題の広がり、経済のグローバル化などを受けて地球規模で問題を提示する広告活動が目だってきている。

[小倉重男]

 最近では、企業のコンプライアンス(法令遵守)やCSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)への取組を具体的に紹介するものもみられるようになった。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

企業広告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

企業広告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation