@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊作城【いざくじょう】

日本の城がわかる事典

いざくじょう【伊作城】
鹿児島県日置(ひおき)市吹上町中原にあった中世の山城(やまじろ)。城の東から南に向かって伊作川が流れ、北と西側は多宝寺川が流れて、天然の堀となり、北から東側はシラス台地につながり箱堀が掘られていた。暦応・康永年間(1338~45年)、伊作島津氏の初代久長が築城し、東に蔵之城、東之城等、西に西之城、花見城等、合計9つの砦を有し、いずれも空堀によって隔てられ、最盛期には南北750m、東西1050m、城域全体が50万m2という広大な規模を誇っていた。この城は10代忠良(ただよし)(日新公)に至るおよそ250年間にわたる伊作島津氏の居城で、島津貴久、島津忠将(ただまさ)、島津尚久の忠良の3人の息子、そして島津義久、島津義弘、島津歳久(としひさ)、島津家久の島津4兄弟の誕生地でもあり、記念の石碑が残っている。JR鹿児島本線鹿児島中央駅から車で約50分。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊作城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊作城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation