@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊勢崎【イセサキ】

デジタル大辞泉

いせさき【伊勢崎】
群馬県南部の市。もと酒井氏城下町。古くから銘仙産地で知られ、現在は重工業が中心。人口20.7万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせさき【伊勢崎】
[1] (「いせざき」とも) 群馬県南東部にある地名。古くは赤石郷と呼ばれたが、一六世紀中期、伊勢神宮に神領を寄進したので伊勢前(のち伊勢崎)になったという。江戸時代、酒井氏二万石の城下町、市場町として発展。養蚕は奈良時代から行なわれ、「伊勢崎銘仙」で知られる。昭和一五年(一九四〇)市制。
[2] 〘名〙 「いせさきめいせん(伊勢崎銘仙)」「いせさきじま(伊勢崎縞)」などの略。
※破垣(1901)〈内田魯庵〉一「平常着(ふだんぎ)に伊勢崎とは奢(しゃ)れてるネ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊勢崎
いせざき
群馬県南東部にある,江戸中期からの織物都市。現在は工業が盛ん
寛政(1789〜1801)以降酒井氏の城下町。18世紀初め縞 (しま) の絹織物が織り出され,改良が加えられて (つむぎ) ・太織 (ふとおり) などとともに名産となる。幕末には実用的な銘仙絣 (めいせんかすり) の産地として知られ,第二次世界大戦まで発展したが,戦後は電気・輸送機器などの近代的工業都市となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation