@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊勢湾【いせわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊勢湾
いせわん
本州ほぼ中央部太平洋岸の湾入伊勢海ともいう。東は愛知県渥美半島,西は三重県志摩半島によっていだかれ,広義には三河湾知多湾をも含んだ東西約 30km,南北約 60kmの広さとなる。狭義には知多半島渥美半島先端を結ぶ線より以西の海域をさす。中央部で深さ約 30mの盆地状の海底をなすが,湾口は潮流に浸食され,水深 100mにも達する。更新世の間氷期には海進により内陸深くまで湾が入り込み,古伊勢湾を形成していたが,氷期には今日よりも狭かったことなどが,湾底の浸食谷によって知られる。湾奥部は濃尾平野西岸伊勢平野で,湾岸は名古屋市,四日市市,鈴鹿市の各市を中心とする臨海工業地域。水産物が豊富で,貝類は全国屈指の生産額を誇る。イセエビアマノリは特産。湾口付近は伊勢志摩国立公園三河湾国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いせ‐わん【伊勢湾】
三重県の志摩半島と愛知県の知多半島渥美(あつみ)半島に囲まれた湾。湾奥に木曽長良(ながら)揖斐(いび)などの河川が注ぐ。伊勢の海

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いせわん【伊勢湾】
本州中央部の大湾で,古東海湖に海水が浸入して生じた。伊勢海(いせのうみ∥いせかい)ともいう。湾口の志摩半島と渥美半島の間に答志(とうし)島,菅島,神島などがあり,菅島水道,伊良湖水道により太平洋に通じる。西岸は遠浅で伊勢平野に面し,東岸は丘陵性の知多半島と日間賀島篠島によって限られ,師崎(もろざき)水道,中山水道によって三河湾に通じる。湾は南北約60km,東西約40kmで,面積は約1700km2である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いせわん【伊勢湾】
愛知県と三重県にまたがる太平洋岸にある湾。湾奥に濃尾平野、西岸に伊勢平野が広がる。いせかい。いせのうみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛知県(三重県)〕伊勢湾(いせわん)

本州中部の南岸、愛知県と三重県に囲まれた湾。愛知県渥美(あつみ)半島の伊良湖(いらご)岬と三重県答志(とうし)島を湾口とする。東側に三河(みかわ)湾・知多(ちた)湾が湾入する。湾奥には木曽(きそ)川ほかの河川が流入し、河口三角州が発達。浅海部は江戸時代から干拓が盛んで、近年の埋め立てと合わせ陸地化が進展。湾岸北部は重化学工業中心の臨海工業地帯で、特定重要港湾の名古屋港・四日市(よっかいち)港がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊勢湾
いせわん
本州中央部の太平洋岸にある大湾。古くは伊勢海(いせのうみ)ともいった。志摩(しま)、知多(ちた)、渥美(あつみ)の3半島に囲まれ、日本海岸の敦賀(つるが)湾との間が、本州の一番狭くくびれた地域である。東側には三河(みかわ)湾があり、伊勢湾とは知多半島、師崎(もろざき)水道、中山水道によって区分されている。東西の最大幅約30キロメートル、南北約60キロメートル、海域面積約1700平方キロメートル、東京湾の約1.7倍、三河湾の約3倍である。地質時代の第三紀末(約300万年前)には東海湖とよばれる一大淡水湖であった。地質時代最後のビュルム氷期(約2万年前)には、海退によって日本列島がアジア大陸と陸続きになり、伊勢湾も全面的に陸化した。次の亜間氷期(温暖な気候)には、海水面が5メートルも高まり、海進によって濃尾(のうび)平野では大垣、一宮付近、岡崎平野では刈谷(かりや)市付近まで海面が広がり、陸地との境付近には漁労生活の縄文人が住み着き、貝塚群を残した。その前面の海に、各河川の運搬した土砂が堆積(たいせき)し、わずかに隆起したのが環伊勢湾の沖積平野で、現在、濃尾、伊勢、岡崎、豊橋などの諸平野の沖積低地となっている。
 気候的には氷期と間氷期の繰り返しと海面の海進、海退現象のなかで現在の陸地と海域がつくられたもので、伊勢湾と環伊勢湾周辺の陸地とは無縁な存在ではない。伊勢湾の平均深度は19.5メートル(三河湾は9.2メートル)、最深部は38メートル、関係河川の流域面積約1万3400平方キロメートル。湾口部の伊良湖水道は潮流が激しく、局所的に100メートルの水深となる。湾奥は、木曽(きそ)川、長良(ながら)川、揖斐(いび)川、庄内(しょうない)川が、伊勢平野の沿岸には鈴鹿(すずか)川、安濃(あのう)川、雲出(くもず)川、宮川などの大小河川が流入し、各河川の運ぶ土砂によって遠浅な海となっている。そこに名古屋、四日市、津などの港湾と、埋立て臨海工業地帯がつくられている。とくに湾奥にある名古屋、四日市両港の占める役割は大きく、伊勢湾海域は国際的に重要な海上輸送ルートとなっている。[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

伊勢湾
(愛知県名古屋市常滑市三重県津市・四日市市・松阪市・多気郡明和町)
日本の重要湿地500」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせ‐わん【伊勢湾】
愛知県と三重県にまたがる太平洋岸の内海。志摩半島北東部の答志島と渥美半島先端の伊良湖(いらご)岬の間を湾口とする。湾奥に名古屋、四日市などの港がある。伊勢の海。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢湾の関連情報

他サービスで検索

「伊勢湾」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation