@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊勢貞親【いせさだちか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊勢貞親
いせさだちか
[生]応永24(1417)
[没]文明5(1473).1.21. 若狭
室町幕府政所執事。貞国の子。母は蜷川親俊の娘。幼名は七郎,のち兵庫助。備中守,伊勢守と称した。寛正1 (1460) 年,政所執事,応仁1 (67) 年従四位上。将軍足利義政の信任厚く,相国寺蔭涼軒主季瓊 (→季瓊真蘂〈きけいしんずい〉 ) とともに幕府実権を握り,専権をふるったが,文正1 (66) 年斯波氏家督相続問題に関与して諸将反感を買い,さらに足利義視を義政に讒言して殺害しようとしたことが露見して,近江逃走した。翌年,義政の召により再び幕府に参与したが,のち文明3 (71) 年に致仕出家し,聴松軒と号した。著書に『伊勢貞親教訓』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いせ‐さだちか【伊勢貞親】
[1417~1473]室町中期の武将・有職(ゆうそく)家。室町幕府政所執事。伊勢守。将軍足利義政信任を得て権勢を獲得、斯波氏の家督相続問題に干渉。また将軍継嗣問題では義視排斥に失敗、近江(おうみ)へ逃れるが翌年復職。伊勢流故実の基礎を築いたことでも知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊勢貞親 いせ-さだちか
1417-1473 室町時代の武将,有職(ゆうそく)家。
応永24年生まれ。伊勢貞国の子。長禄(ちょうろく)4年政所(まんどころ)執事となる。かつて養育係をつとめた将軍足利義政の信任を得,季瓊真蕊(きけい-しんずい)とくんで権勢をふるう。足利義視(よしみ)の暗殺に失敗して出奔(しゅっぽん)するが,義政に召還され応仁(おうにん)2年執事に復する。伊勢流故実の基礎をきずいた。文明5年1月21日死去。57歳。号は聴松軒。
格言など】いかに気にあわざる者来たりとも対面すべし(「伊勢貞親教訓」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いせさだちか【伊勢貞親】
1417‐73(応永24‐文明5)
室町中期の武将,政所執事。初名は七郎,のち兵庫助,備中守,伊勢守。政所執事貞国の子で,母は蜷川親俊の女。1454年(享徳3)父貞国より伊勢氏の家督を継ぎ,60年(寛正1)政所執事となる。将軍足利義政が彼のもとで養育されたことからその絶大なる信任を得て,寛正ごろには将軍に近侍しその取次ぎにあたる申次衆過半を貞親の一族で占めるなど,蔭涼軒主季瓊真蘂(きけいしんずい)とともに幕政において多大な影響力を行使した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊勢貞親
いせさだちか
(1417―1473)

室町幕府の近臣。貞国(さだくに)の子。初名七郎、兵庫助(ひょうごのすけ)、備中守(びっちゅうのかみ)、伊勢守。1460年(寛正1)政所(まんどころ)執事になった。足利義政(あしかがよしまさ)の養い親であったところから幕府に隠然たる影響力をもち、ことに応仁(おうにん)の乱前後には義政の佞臣(ねいしん)とよばれることもあった。66年(文正1)斯波(しば)家の継嗣(けいし)争いに介入し、義廉(よしかど)を退けて義敏(よしとし)をたてることを義政に進言し、また子供のなかった義政が弟義視(よしみ)を後嗣に据える動きを示すと、讒言(ざんげん)して義視の殺害を計り、失敗して近江(おうみ)(滋賀県)に逃げた。翌67年(応仁1)召還され、政務に復活したが、このため義政、義視の対立はいっそう深刻になった。文明(ぶんめい)5年若狭(わかさ)(福井県)で没した。57歳。法号を聴松院悦堂常慶という。

[桑山浩然]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせ‐さだちか【伊勢貞親】
室町中期の幕府政所執事(まんどころしつじ)。伊勢守。貞国の子。著書に「伊勢貞親家訓」がある。応永二四~文明五年(一四一七‐七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊勢貞親
いせさだちか
1417〜73
室町幕府の政所 (まんどころ) 執事
将軍足利義政の信任厚く,政所執事となって幕府の実権を握り専横をきわめたが,1466年足利義視を殺そうとしたことが露見し近江に逃走。翌年義政に召され再び政務に参与した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢貞親」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢貞親の関連情報

関連キーワード

ベネディクツス13世シスマヨハネス23世クレメンス8世シスマ教会大分裂飛鳥井雅親上杉禅秀コンスタンツ公会議

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation