@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊勢【いせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊勢
いせ
[生]元慶1(877)頃
[没]天慶2(939)頃
平安時代中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。父は藤原継蔭 (つぐかげ) 。寛平2 (890) 年前後に宇多天皇皇后温子 (おんし) に仕え,藤原仲平,その兄時平,平貞文らと文通し,同8年頃宇多天皇の寵愛を受けた。のち敦慶 (あつよし) 親王と関係し,歌人中務 (なかつかさ) を生んだ。洗練された技巧的歌風紀貫之と並称されるほどで,『古今集』以下の勅撰集に 200首近く入集。家集に『三十六人集』の一つである『伊勢集』があり,その冒頭部分は物語的で,『伊勢日記』とも呼ばれる。歌合の出詠,屏風歌の詠作も多く,『亭子院歌合』 (913) の仮名日記は伊勢の作といわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いせ【伊勢】[地名]
旧国名の一。現在の三重県の大半。伊勢神宮鎮座の地として古くから開けた。勢州(せいしゅう)。
三重県東部の市。旧称の宇治山田市を昭和30年(1955)に改称。伊勢神宮鳥居前町として発展。伊勢志摩国立公園表玄関。平成17年(2005)11月、二見町・小俣町・御薗町と合併。人口13.0万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】[人名]
平安前期の女流歌人。三十六歌仙の一人。伊勢守藤原継蔭(ふじわらのつぐかげ)の娘。中務(なかつかさ)の母。宇多天皇の寵愛(ちょうあい)を受けて皇子を産み、伊勢の御(ご)と呼ばれた。生没年未詳。家集に「伊勢集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

伊勢
日本海軍の戦艦。伊勢型戦艦の1番艦。1916年進水、1917年就役の超弩級戦艦。のちに航空戦艦に改装される。第二次世界大戦末期の呉軍港空襲により被弾して大破戦後浮揚され、解体された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いせ【伊勢】
877ころ‐938ころ(元慶1ころ‐天慶1ころ)
平安前期の女流歌人。三十六歌仙の一人。伊勢御(いせのご),伊勢の御息所(みやすどころ)ともいう。父藤原継蔭は伊勢守等を歴任した受領であった。伊勢は宇多天皇の中宮温子(関白太政大臣昭宣公藤原基経の三女)に仕えた。伊勢と温子との仲は睦まじかったらしい。若いころに藤原仲平(のちの枇杷左大臣)との恋愛があり,贈答の作が残る。その後,宇多天皇の寵を受け,皇子を生んだ。皇子は早世,中宮温子も907年(延喜7)他界した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いせ【伊勢】
旧国名の一。ほぼ三重県北部に相当。勢州。
三重県東部にある市。伊勢神宮の鳥居前町で、伊勢志摩国立公園の玄関口。旧称、宇治山田。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】
平安前期の女流歌人。三十六歌仙の一人。伊勢守藤原継蔭つぐかげの女むすめ。中務なかつかさの母。宇多天皇の寵ちようを得て、伊勢の御と呼ばれた。歌は古今集・後撰集などに見える。生没年未詳。家集「伊勢集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】
姓氏の一。桓武平氏。鎌倉末、伊勢守に任ぜられた俊継に始まる。足利氏の近臣として室町幕府に仕え、政所執事を世襲。代々武家故実に詳しく、江戸の故実家伊勢貞丈はその子孫。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊勢
いせ
生没年不詳。平安前期の女流歌人。三十六歌仙の一人。大和守(やまとのかみ)藤原継蔭(つぐかげ)の娘で、宇多(うだ)天皇の后(きさき)温子(おんし)に仕えた。伊勢という名称は父の前任地名をとったものらしい。詳しい閲歴は不明。最初に関係をもった男性はおそらく温子の兄弟である仲平(なかひら)で、この恋はまもなく破局を迎えるが、のち宇多天皇に愛されるようになり、皇子(夭逝(ようせい))を生んだ。「伊勢の御(ご)」「伊勢の御息所(みやすんどころ)」とよばれたりするのはそのためであるが、天皇の愛を受け入れるようになってからも、最後まで温子のもとに仕えていたようである。897年(寛平9)宇多天皇が退位し、907年(延喜7)温子が崩御するが、宇多天皇の第4皇子敦慶(あつよし)親王と深い交渉をもつようになったのは、おそらくそのあとのことで、伊勢は10歳以上年長であった。930年(延長8)に親王が没するまで、2人の関係は続いたらしく、両者の間に生まれたのが歌人中務(なかつかさ)である。『古今和歌集』に22首、『後撰(ごせん)和歌集』に71首、勅撰集あわせて200首近い収録歌が示すように、平安期女流の第一人者であった。家集に『伊勢集』がある。
 難波潟(なにはがた)短き芦(あし)のふしの間も逢(あ)はでこの世を過ぐしてよとや[久保木哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いせ【伊勢】
[1]
[一] 東海道十五か国の一つ。古くから皇大神宮の鎮座地として開け、大化改新で一国となる。以後、平、北畠、織田の支配を経て江戸時代は六藩に分かれ、幕府の直轄地山田には奉行が置かれた。廃藩置県後、安濃津度会(わたらい)県となり、明治九年(一八七六)合併して三重県となる。勢州。神国。
[二] 三重県中部、志摩半島北側にある地名。伊勢神宮の鳥居前町として発展。伊勢志摩国立公園の玄関口。明治三九年(一九〇六)宇治山田市として市制。昭和三〇年(一九五五)改称。
[三] 旧日本海軍の戦艦。大正六年(一九一七)完成。第二次大戦中、航空戦艦に改装。広島県呉(くれ)で爆撃を受けて大破。排水量三万六千トン。
[2] 〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】
平安前期の女流歌人。三十六歌仙の一人。伊勢守藤原継蔭(つぎかげ)の娘。中務の母。宇多天皇の中宮温子に仕え、藤原仲平、時平、宇多帝らとの恋が、その作品に反映。家集「伊勢集」がある。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ【伊勢】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊勢の関連情報

関連キーワード

カール[2世]カルル2世(禿頭王)カール[2世]斉詮円載円載大江音人フォティオス元慶イグナチウス

他サービスで検索

「伊勢」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation