@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊治城【いじじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊治城
いじじょう
県栗原市にあったという古代城柵 (→ ) 。「いちじょう」とも読む。蝦夷鎮撫のため,神護景雲1 (767) 年築城。廃止時は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いじじょう【伊治城】
767年(神護景雲1)に後の陸奥国栗原郡に設置された城柵。海道に置かれた桃生(ものう)城に対して,陸奥国の山道を治めるために築造された。築造に際しては在地の豪族道嶋三山が活躍し,三旬を経ずして完成したと記されている。780年(宝亀11)には,この地方上治郡の大領伊治呰麻呂(あざまろ)が伊治城で反乱をくわだて,按察使(あぜち)紀広純が殺害された。こういった事件が起こったものの,その後796年(延暦15)には,東国,越後・出羽などの国から9000人もの民を伊治城に移住させている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の城がわかる事典

いじじょう【伊治城】
宮城県栗原市(旧築館(つきだて)町)にある奈良時代の城柵・官衙跡。迫(はさま)川(一迫川)と二迫川の河岸段丘に築かれ、南北約900m、東西約700mの規模で、その内部で政治や儀式を執り行った政庁や官衙の建物が、外郭の外では兵士の宿舎と思われる多数の竪穴住居跡が見つかっている。伊治城が当時最北の陸奥支配の拠点として、鎮守副将軍の田中多太麻呂(ただまろ)らにより築かれたのは767年(神護景雲1)。これとともに陸奥国栗原郡が設置され、以来、平安時代初めの9世紀ごろまで半世紀にわたって朝廷の陸奥支配の重要拠点となった。この城を舞台に、780年(宝亀11)に蝦夷(えみし)の族長で陸奥国府に仕え陸奥上治郡の大領(外従五位下)だった伊治呰麻呂(あざまろ)による宝亀の乱が起こった。呰麻呂は同年、伊治城を訪れた按察使(あぜち)の紀広純(きのひろずみ)と同じく俘囚出身で牡鹿郡(石巻市周辺)の大領(長官)の道嶋大楯(みちしまのおおだて)を襲撃して殺害し、続いて、多賀城(多賀城市)を襲撃して略奪・放火を行い、その後もしばらく、朝廷の統治が及ばない事態が続いた。城跡は現在、田畑、住宅地になっており、わずかに土塁跡が残っている。また、城跡には栗原市築館出土文化財管理センターがあり、古代の弩(いしゆみ)や壺など、城跡からの出土品が保存・展示されている。JR東北本線・東北新幹線仙台駅からバスで陸前城生野下車、徒歩約5分。◇「これはるじょう」「これはりじょう」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

これはるじょう【伊治城】
⇒伊治城(いじじょう)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊治城
いじじょう

宮城県栗原(くりはら)市築館城生野(つきだてじょうの)に想定されている古代東北地方の城柵(じょうさく)。767年(神護景雲1)東北経営の最北の拠点として鎮守将軍田中朝臣多太麻呂(あそんただまろ)・道島宿禰三山(みちしまのすくねみやま)らにより造営され、翌年、翌々年にかけて柵戸の充実を図るべく百姓の強制移住が行われた。780年(宝亀11)当城において按察使(あぜち)紀朝臣広純(きのあそんひろずみ)らが上治郡大領伊治公呰麻呂(いじのきみあざまろ)らに殺害された、いわゆる伊治呰麻呂の乱が起こっている。796年(延暦15)には坂東(ばんどう)諸国の民衆9000人を遷置し、呰麻呂の反乱以来の荒廃の立て直しを図った。1976年(昭和51)より発掘調査が行われ「城厨」などと書かれた墨書土器が発見されている。

[酒寄雅志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いじ‐じょう いぢジャウ【伊治城】
(「これはるじょう」とも) 神護景雲元年(七六七)に、陸奥胆沢(いざわ)地方の蝦夷(えぞ)に対するために築かれた城塞。宮城県栗原市内にあったとされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊治城
いじじょう
767年,陸奥胆沢 (いさわ) 地方の蝦夷 (えみし) に備えて設置された城柵
造営の翌年と翌々年に移住者を諸国から募って2500余人を移し,8世紀末には9000人を移して強化された。廃城の時期は不明。現在の宮城県栗原郡にある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊治城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊治城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation