@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊能忠敬【いのうただたか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊能忠敬
いのうただたか
[生]延享2(1745).1.11. 上総
[没]文政1(1818).4.13. 江戸
江戸時代,日本地図を作成した測量家。傾いた養家の家運を回復して名主となったが,晩年,数学,暦学に関心をもち,49歳で隠居してから,江戸の天文学者高橋至時 (よしとき) の門下生となった。寛政 12 (1800) 年,東北や蝦夷地測量を行い,子午線測定。そののち全国の測量を目指し,17年間にわたって各地を渉猟し,各種の日本地図を作成した。この間幕府の測量方役人にもなったが,私財も投じた。幕府の要請で文化6 (09) 年に作成提出した日本地図の補完を志して測量を続行中,死去。門弟たちにより『大日本沿海輿地全図』が完成したのは,文政4 (21) 年であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いのう‐ただたか【伊能忠敬】
[1745~1818]江戸中期の地理学者・測量家。上総(かずさ)の人。高橋至時(たかはしよしとき)天文暦学を学ぶ。蝦夷(えぞ)、のちに全国の実地測量を行い、日本最初の実測地図を作製大日本沿海輿地全図」「輿地実測録」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊能忠敬 いのう-ただたか
1745-1818 江戸時代中期-後期の測量家。
延享2年1月11日生まれ。養家の下総(しもうさ)佐原(さわら)(千葉県)の酒造業を再興,米穀取引などで家産をきずき,名主となり名字(みょうじ)帯刀をゆるされる。51歳で隠居して江戸に出,高橋至時(よしとき)に天文学をまなぶ。寛政12年自費で蝦夷地(えぞち)東南沿岸を測量して地図を幕府に献上。以後,幕府の支援をえて文化13年全国の測量を終了した。この17年間の実測をもとに「大日本沿海輿地(よち)全図」(伊能図)を作成中,文化15年4月18日死去。74歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。本姓は神保。字(あざな)は子斉。通称は三郎右衛門,勘解由(かげゆ)。号は東河。
【格言など】宜(よろ)しく先生の墓側に葬り,以て謝恩の意を表すべし(遺言)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

伊能忠敬
1745〜1818(延享2年〜文政元年)【地理学者】50歳から始めた学問で、「大日本沿海輿地全図」の偉業を達成。 江戸後期の地理学者。上総国出身。18歳のとき、伊能家の婿養子となり、1794年50歳で隠居。翌年江戸へ出て、幕府天文方高橋至時に師事した。1800年、至時の推挙で幕府から奥州道中と蝦夷地東南沿岸測量を任される。その後1816年まで日本全国の測量を行った。死後完成した『大日本沿海輿地全図』は、シーボルトにより、その精密さを海外にも伝えられた。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いのうただたか【伊能忠敬】
1745‐1818(延享2‐文政1)
近代的日本地図作成の基礎を築いた人。上総国小関村,現在の千葉県九十九里浜沿岸の村に生まれたが,幼少時のことはよくわからない。1762年(宝暦12)に佐原の伊能家の養子となり,名を忠敬と改めた。酒造,米穀取引などの家業にいそしむ一方村政にも尽くして名主を命ぜられ,苗字帯刀を許される。早くから暦学を好み,天体観測も行った。95年(寛政7)に家を長男に譲り,江戸へ出て深川黒江町に住み,高橋至時(よしとき)に師事して52歳のときから西洋天文学の本格的な勉学を始めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いのうただたか【伊能忠敬】
1745~1818 江戸後期の測量家・地理学者。上総かずさの人。下総しもうさ佐原の名家伊能家に入婿。高橋至時に西洋暦法・測量技術を学び、幕命で蝦夷地をはじめ、全国の沿岸測量に従事。日本最初の実測図「大日本沿海輿地全図」を完成。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊能忠敬
いのうただたか
(1745―1818)
江戸中期の測量家。通称勘解由(かげゆ)。号は東河。上総(かずさ)国山辺郡小関村(千葉県九十九里町)に生まれる。母の死後、父の実家であった武射(むさ)郡小堤の神保(じんぼ)家に移り、18歳で下総(しもうさ)国佐原の伊能家へ婿養子に入る。名家ではあったが負債で没落しかけていた酒造業を再興し、米の仲買いなどで産を築き、名主や村方後見(むらかたこうけん)として郷土のために尽くした。若いときから学問を好み、数学、地理、天文書に親しみ、50歳で隠居すると江戸に出て、19歳年下の高橋至時(よしとき)について天文学を学んだ。当時、正確な暦をつくるうえに必要な緯度1度の里程数が定まっておらず、天文学上の課題になっていた。この解決のために忠敬は長い南北距離の測量を企て、北辺防備の必要から幕府の許可を得やすい蝦夷地(えぞち)南東沿岸の測量を出願して官許を得た。1800年(寛政12)期待したとおりの成果を収めたが、その後全国の測量へと発展し、1816年(文化13)に終了するまでに、10次にわたり、延べ旅行日数3736日、陸上測量距離4万3708キロメートル、方位測定回数15万回という大事業となった。道線法と交会法を併用する伝統的な方法はけっして新しくはないが、細心な注意と測定点を十分に多く設ける厳密性を図った、根気と努力の勝利といえよう。忠敬の得た子午線1度の長さは28里2分(110.75キロメートル)で、現代の測定値と約1000分の1の誤差しかない。
 忠敬は一期測量するごとに地図をつくったが、最終の成果をみずに江戸・八丁堀の自宅で死去した。弟子たちの編集によって『大日本沿海輿地(よち)全図』が完成されたのは1821年(文政4)である。大図は1町(約109.1メートル)を1分(約3ミリメートル、3万6000分の1)で214枚、中図はその6分の1、21万6000分の1の縮尺で8枚、小図はさらに2分の1、43万2000分の1の縮尺で3枚からできている。これに『沿岸実測録』を添えて幕府に献上された。図法はサンソン図法と一致し、地球を球として扱ったため、東北地方や北海道はやや東へずれている。しかし、これは日本初の科学的実測図であり、当時の西欧の地図と比べても誇るに足る業績といえる。官製の地図とはいっても、忠敬の学問的探究心がその出発で、下からの熱望に支えられた事業だからこそ、この輝かしい成果を得たのである。
 この地図は江戸時代には一般に活用されることはなかったが、明治維新後、新政府によって発行された軍事、教育、行政用の地図に基本図として使われ、影響は明治末期にまで及んだ。シーボルトが高橋景保(かげやす)を介して得たこの測量図によって、外国製の地図にも日本の正しい形が描かれるようになった。[石山 洋]
『大谷亮吉編著『伊能忠敬』(1917・岩波書店) ▽保柳睦美編著『伊能忠敬の科学的業績――日本地図作製の近代化への道』(1974/復刻新装版・1997・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

伊能忠敬 (いのうただたか)
生年月日:1745年1月11日
江戸時代後期の地理学者;測量家
1818年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いのう‐ただたか【伊能忠敬】
江戸中期の地理学者。暦学者。上総国(千葉県)の人。五〇歳の時江戸に出て、高橋至時(よしとき)の門にはいり西洋暦学、測量術を学ぶ。幕府の命で蝦夷や日本全国を測量し、日本最初の実地測量による地図を作成。著「大日本沿海輿地(よち)全図」「大日本沿海実測録」など。延享二~文政元年(一七四五‐一八一八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊能忠敬
いのうただたか
1745〜1818
江戸後期,初めて日本の実測沿岸地図を作製した測量学者
下総(千葉県)佐原の酒造家の養子となり,家業を興隆するかたわら算数・測量・天文などを研究。50歳で隠居し江戸で高橋至時 (よしとき) に西洋暦法・測量術を学んだ。1800(寛政12)年幕命をうけ蝦夷 (えぞ) 地を測量,以後全国各地を測量した。その成果が日本最初の実測地図『大日本沿海輿地全図』として,彼の死後 '21年に完成した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊能忠敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊能忠敬の関連情報

関連キーワード

クルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)ハプスブルク家ビターリ(父子)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation