@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊良湖岬【いらごみさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊良湖岬
いらごみさき
愛知県南部,渥美半島の南西端で伊勢湾に突出する。古生層から成る分離丘陵の古山 (85m) の先端部で白亜灯台がある。現在は恋路ヶ浜伊良湖港,ゴルフ場などを含んだ岬周辺の地域を広く呼ぶようになった。景勝の地で『万葉集』に歌われ,松尾芭蕉句碑もある。島崎藤村の『椰子の実』のは,友人の柳田国男黒潮に乗って流れ着いたヤシの実をここで見つけたことによるといわれる。三河湾国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いらご‐みさき【伊良湖岬】
愛知県、渥美(あつみ)半島南西端の岬。日出(ひいで)の石門恋路ヶ浜などがある。いらござき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いらごみさき【伊良湖岬】
〈いらこざき〉とも読む。愛知県渥美郡渥美町にあり,伊勢湾の湾口を扼(やく)す渥美半島最西端の岬。半島の先端付近と突出部を含めて広く呼ぶこともある。岬の地質長瀞(ながとろ)変成岩類に属する石英千枚岩や石墨千枚岩などからなる。《万葉集》の昔から詩歌などにしばしば登場した景勝の地で,古来,伊勢国の名所とされており,伊勢街道(熊野街道)の要地として対岸の鳥羽と渡し船で結ばれていた。伊良湖岬と神島の間の伊良湖水道は日本三大潮流の一つにも数えられる航海難所で,岬の先端にある伊良湖岬灯台は1929年に点灯,灯高15m,光達距離12.5マイルである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊良湖岬
いらごみさき

愛知県渥美半島(あつみはんとう)の先端部、伊良湖水道に突出する岬。三河湾国定公園の観光拠点。標高91メートル。地質は半島の骨格をなす秩父中・古生層で、チャートを主体とする硬質の岩盤で、伊良湖岬灯台がある。暖地植物の原生林の茂る宮山(みややま)、骨山(ほねやま)なども一連の岩質である。灯台を中心に伊勢(いせ)湾側には長大な西山砂丘、表浜(遠州灘(なだ)側)には恋路(こいじ)ヶ浜や堀切砂丘がある。伊良湖港は暴風時の避難港としてつくられたが、平時は観光港で鳥羽(とば)、師崎(もろざき)との間にフェリーボートや高速船が発着する。近くの初立ダム(はったちだむ)は豊川用水幹線水路末端のダムで、西山地区の畑地灌漑(かんがい)用に使われ、広大な温室園芸村ができている。ダム付近には鎌倉時代の東大寺瓦窯址(がようし)もある。観光資源は内湾、外洋の壮大な自然景観が中心ではあるが、日本一の電照ギク、メロンの温室群、国民休暇村、芭蕉(ばしょう)句碑などもある。

[伊藤郷平 2017年1月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いらご‐みさき【伊良湖岬】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊良湖岬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊良湖岬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation