@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊藤仁斎【いとう じんさい】

美術人名辞典

伊藤仁斎
江戸中期儒者古義学派の創始者。京都生。名は維楨、字は源佐、初号は敬斎。初め朱子学に心酔したが、やがて疑義を抱いて孔孟古義に溯る、いわゆる古義学に到達した。宝永2年(1705)歿、79才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いとう‐じんさい【伊藤仁斎】
[1627~1705]江戸前期の儒学者。京都の人。名は維楨(これえだ)。古義学派の。初め朱子学を学ぶ。京都堀川に開いた古義堂は、門弟三千余人を有したといわれる。論語古義」「孟子古義」「童子問」など。古学先生

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊藤仁斎 いとう-じんさい
1627-1705 江戸時代前期の儒者。
寛永4年7月20日生まれ。京都の商家の出身。朱子学を批判,「論語」や「孟子」の原義にたちもどるよう主張した。寛文2年京都堀川の自宅に塾古義堂をひらき,古義学派(堀川学派)の祖となる。自由で実践的な学風で,広い階層にわたる門弟3000人をあつめた。宝永2年3月12日死去。79歳。名は維楨(これえだ)。字(あざな)は源佐,源助。通称は鶴屋七右衛門。著作に「論語古義」「孟子古義」。
格言など】仁者は俗を嫉(にく)むの心少し

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いとうじんさい【伊藤仁斎】
1627‐1705(寛永4‐宝永2)
江戸前期の儒者。古義学派の創始者。通称と本名ははじめ源吉維貞,1683年(天和3)に源佐維楨(げんすけこれえだ)と改名。仁斎は号,別号は棠隠。諡号(しごう)は古学先生。京都上京東堀川に出生。父は伊藤長勝(号は了室),母は那倍(なべ)(連歌師の里村氏)。伊藤家は京都の上層町衆で,親族,姻族には角倉了以,里村紹巴,本阿弥光悦,尾形光琳・乾山らがいる。仁斎の青年時代は儒学で生計を立てることが困難だったので,親族はみな医術を学ぶことを強いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いとうじんさい【伊藤仁斎】
1627~1705 江戸前期の儒学者。古義学の祖。京都の人。名は維楨これえだ、字あざなは源佐げんすけ。年来学んできた朱子学に疑問を抱き、直接古典、ことに「論語」「孟子」の真義をつかんで仁義の実践躬行きゆうこうを求める古義学を首唱。京都堀川に古義堂を開いて堀川学派と呼ばれ、門弟三千余人におよんだ。著「論語古義」「孟子古義」「語孟字義」「童子問」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊藤仁斎
いとうじんさい
[生]寛永4(1627).7.20. 京都,堀川
[没]宝永2(1705).3.12. 京都,堀川
江戸時代初期の古学派の儒学者。名は維 楨,字は源佐,号は古義堂,棠隠。商家出身。父は七右衛門。生涯出仕せず,堀川で私塾古義堂を開き,多くの門人を養成し堀川学派を開いた。初め朱子学を奉じたが,それは形而上学的思弁に支えられた静止的人生観ととらえられていた。その朱子学への批判を通して独自の思想が形成された。批判は朱子学の立脚する四書の文献批判に基礎づけられていた。『論語』『孟子』こそが正しい聖人の教えであり『大学』は孔子の遺書ではなく『中庸』は異本よりの挿入を含むものとして権威を否定した。後儒の注釈,解釈を排し,ただちに論孟の思想内容を明らかにし,それをみずからの思想とする古学の立場が,こうして成立した。朱子学のいう理気二元論は論孟にはなく,天地は一元気の活動として存在する一大活物であり,生々化々する天地の秩序が天道である。この活動性は人倫によくあてはまる。人は活物であり,人が相互に往来交渉するその関係を可能ならしめるものが人道である。人間存在は動的交渉関係のなかにあり,その人倫的合一を成立させる人道の中核が,仁,愛であり,日用常行,平常卑近の道だとされた。仁斎は商家の出身であり市井の儒者であったが,町人の道を説くのではなく普遍的な人間の道を説こうとした。にもかかわらずそこに市井人としての仁斎の生活体験が表現されている。平易卑近な道は,主従関係を中軸とする武士生活ではなく情愛のこまやかな家庭生活を中心とする庶民の生活を通して理解されたものである。このことは儒者の社会的役割の把握とも連関する。仁斎は為政者としての武士のみが道徳的教化のにない手であるとはみず,儒者の教化の政治から独立した役割を高く評価した。したがって為政者である聖人の堯,舜,禹の三聖人よりも道徳的教化者である聖人の孔子を優越させるのである。ここにも市井の儒者で一貫した仁斎の出処進退と彼の思想との連関をみることができる。著書『語孟字義』『童子問』『論語古義』『孟子古義』『中庸発揮』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊藤仁斎
いとうじんさい
(1627―1705)
江戸前期の思想家。寛永(かんえい)4年7月20日、京都堀川通勘解由小路(ほりかわどおりかげゆこうじ)北に生まれる。幼名は源七、字(あざな)は源佐(げんすけ)、名は維(これえだ)。祖父の鶴屋(つるや)七郎右衛門は商(あきない)(何商か不明)で財をなし、里村紹巴(さとむらじょうは)・玄仲(げんちゅう)(1576/1578―1638)に連歌(れんが)を学び、妙心寺の大化(たいけ)・一冲(いっちゅう)に参禅した。父は次男で別家して鶴屋七右衛門を称した。母の那倍(なべ)の父は幕府の連歌師里村玄仲、母は角倉(すみのくら)一族の医師吉田易安(よしだいあん)の娘。那倍の姉妹は宮廷出入りの医師や蒔絵(まきえ)師に嫁いでおり、仁斎自身ものちに本阿弥(ほんあみ)家と近親の尾形家から妻を迎えている。仁斎は、父方からは教養と閑暇を尊ぶ京都の富裕な町人の、母方からは京都の上流文化人の精神的影響を受けて育った。彼は家人の願いに反して医師を嫌い、儒学者を志した。青年時代には独学で朱子(しゅし)(朱熹(しゅき))の書を読み、その『敬斎箴(けいさいしん)』に傾倒して敬斎と号し、さらに1655年(明暦1。29歳)には松下町に隠棲(いんせい)して陽明学から仏老の教えに入り、白骨観法を修め、対人道徳(人倫の道)は浅薄でいうに足らぬと考えた。しかし3年後の1658年(万治1)に『仁説』を書いて、仁の本質は愛であるといい、号を仁斎と改めた。1662年(寛文2)36歳のとき家に帰って鶴屋七右衛門を襲名するとともに「古義堂」塾を開き、終生町(まち)学者となって諸侯の招きに応じなかった。宝永(ほうえい)2年3月12日79歳で没した。
 仁斎は塾における同志的会合を中心に、京都の公卿(くげ)、専門文化人、根生(ねおい)の分限者たちと文化的教養を楽しむ社交会(サロン)をつくり、その雰囲気のなかで古義学を大成していった。彼は『論語』『孟子(もうし)』2書を後人の注釈によらず直接に熟読精思して、孔子・孟子の思考方法、文章の作り方を会得したうえで、その字義を正しくとらえるとともに、孔孟の思想の真髄をつかもうとした。彼は『論語』を「最上至極宇宙第一書」、『孟子』を『論語』の義疏(ぎしょ)といい、『大学』は孔子の遺書ではない、『中庸(ちゅうよう)』の終わりの数章は漢儒の雑記、前半は『論語』の旨趣には合致すると説いた。しかし仁斎は学者よりは思想家であった。自分の「生活を脚注」として『論語』『孟子』を読み、孔孟の精神に迫ろうとする「古義学」的方法は、彼の学問に時と所と人の刻印を押すことになった。彼は、朱子学の説く社会の身分秩序を守る心(義)とその秩序の主宰者に帰向する心(敬)を退けて、社会成員が身分的相異を超えて自他不二の境地をつくる情意的な仁愛を尊んだ。仁斎にとって聖人はその愛を天下に満たす宇宙最大の文化人で、その理想郷の王道楽土は政治と権力のないユートピアであった。仁斎は、封建的倫理的政治学であった儒教から元禄(げんろく)京都の社交会の体験を濾過器(ろかき)として、封建性と政治性を取り去り、かわりに人類性と社交性を与えて、儒教を社交的倫理の学につくりかえたのである。
 仁斎は朱子の理気二元論を排して気一元論を説いているが、自分はしいていえば気一元論をとるが、日常経験を超えた存在は考えないほうがよいと述べている。この態度は古医方(こいほう)に影響を与えた。後藤艮山(ごとうこんざん)、香川修庵(かがわしゅうあん)(1683―1755)が元気の溜滞(りゅうたい)に、吉益東洞(よしますとうどう)が一毒の所在に病因を求めながら、元気や毒のなんたるかは穿鑿(せんさく)に及ばぬと経験的実証の立場をとった態度に影響したと考えられる。
 なお仁斎には東涯(とうがい)、梅宇(ばいう)(1683―1745)、介亭(かいてい)(1687―1772)、蘭嵎(らんぐう)の4男子がいて家学を継承したが、仁斎自身の著書としては『語孟字義』『童子問』『大学定本』『中庸発揮』『論語古義』『孟子古義』『古学先生文集・詩集』その他があり、その多くは没後東涯によって刊行された。仁斎の墓は洛西(らくせい)の二尊院(にそんいん)にある。[石田一良]
『加藤仁平著『伊藤仁斎の学問と教育』(1940・目黒書店/復刻版・1979・第一書房) ▽石田一良著「伊藤仁斎」(『日本文化研究 第5巻』所収・1959・新潮社) ▽石田一良著『伊藤仁斎』(1960/新装版・1989・吉川弘文館) ▽『日本思想大系33 伊藤仁斎・伊藤東涯』(1971・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

伊藤仁斎 (いとうじんさい)
生年月日:1627年7月20日
江戸時代前期;中期の京都町衆
1705年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いとう‐じんさい【伊藤仁斎】
江戸初期の儒者。名は維棹、字(あざな)は源佐。古義学派の祖。はじめ朱子学を修めたが、のち、孔孟の原典に帰ることを唱え、相愛を徳目の第一として京都堀川に古義堂を開塾し、多数の門弟を教えた。その古義学は、荻生徂徠の古文辞学に影響を与える。著に「論語古義」「孟子古義」「語孟字義」「童子問」など。寛永四~宝永二年(一六二七‐一七〇五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊藤仁斎
いとうじんさい
1627〜1705
江戸前期の儒学者。堀川(古義)学派の祖
京都の町人出身。東涯の父。朱子学を学んだが,のち後世の注釈をさけ,直接孔子・孟子の原典にあたり聖人の真髄を学ぶべきことを主張し,京都堀川に古義堂を開いた。主著に『童子問』『論語古義』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤仁斎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊藤仁斎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation