@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊藤圭介【いとうけいすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊藤圭介
いとうけいすけ
[生]享和3(1803).1.27. 名古屋
[没]1901.1.20. 東京
博物学者,医師。名は舜民または清民,字は戴堯のちに圭介。初め西山左仲といったが,父の生家を継いで伊藤と改めた。本草を水谷豊文に学び,文政3 (1820) 年に医業を開く。のち藤林普山,吉雄常三に蘭学を学び,同 10年長崎で P.シーボルト師事。その際にもらった C.P.トゥーンベリの"Flora Japonica"を訳して同 12年『泰西本草名疏』と題して出版。付録で C.リンネの植物分類体系を日本に初めて紹介した。また,種痘の紹介や普及に尽力し,兵書の訳述にもたずさわり,薬園も開設した。藩医として昇進して慶応1 (65) 年に奥医師見習となったが,政府の要請で明治3 (70) 年上京,文部省助教として大学に出仕した。 1877年東京大学理学部員外教授,80年小石川植物園担当,81~86年東京大学教授を歴任。 79年東京学士会院会員に選ばれ,86年日本最初の理学博士となる。著書は『小石川植物園草木図説』『錦か翁耋筵誌』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いとう‐けいすけ【伊藤圭介】
[1803~1901]幕末・明治の植物学者。愛知の生まれ。東大教授。日本初の理学博士。シーボルトに師事。リンネの植物分類法を紹介する「泰西本草名疏」をし日本の近代植物学の先駆をなす。著「救荒食物便覧」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊藤圭介 いとう-けいすけ
1803-1901 江戸後期-明治時代の植物学者,蘭方医。
享和3年1月27日生まれ。大河内存真(おおこうち-そんしん)の弟。水谷豊文(とよぶみ)に本草学を,藤林普山蘭学をまなぶ。長崎のシーボルトにも師事。文政12年「泰西本草名疏(そ)」を刊行,リンネの植物分類法をはじめて紹介。弘化(こうか)4年名古屋藩医となる。明治14年東京大学教授。21年日本最初の理学博士。明治34年1月20日死去。99歳。尾張(おわり)名古屋出身。本姓は西山。名は舜民,清民。号は錦窠(きんか)。著作に「小石川植物園草木図説」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いとうけいすけ【伊藤圭介】
1803‐1901(享和3‐明治34)
幕末・明治期の蘭方医,植物学者。名は舜民,清民,幼名は左仲,字は圭介,戴尭(たいぎよう)。通称圭介,号は錦窠(きんか),花繞書屋,十二花楼という。名古屋呉服町の医者西山玄道の次男。のち,父の旧姓伊藤に復する。本草を水谷豊文,蘭学を藤林泰助吉雄常三野村立栄に学ぶ。1827年(文政10)長崎でシーボルトに学ぶ。名古屋の本草家の同好会嘗百社(しようひやくしや)の研究活動の中心となる。著書《泰西本草名疏》4巻3冊(1829)は,シーボルトからもらったC.P.ツンベリーの《日本植物誌Flora Japonica》(1784)の学名和名を付したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いとうけいすけ【伊藤圭介】
1803~1901 幕末・明治の博物学者。名古屋生まれ。東大教授。シーボルトにまなび、ツンベルクの「日本植物誌」により「泰西本草名疏」二巻を著す。その付録でリンネ分類を日本に初めて紹介。著「日本産物誌」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊藤圭介
いとうけいすけ
(1803―1901)
日本の近代植物学の先駆。名古屋の医家に生まれ、幼時、本草(ほんぞう)学者の水谷豊文(ほうぶん)(1779―1833)に博物学を学んだ。初め家業を継いでいたが、1826年(文政9)長崎から江戸に上るシーボルトを水谷豊文らとともに熱田に迎えて会見し影響を受けた。翌年江戸に出て宇田川榕菴(うだがわようあん)に接し採集をともにしたのち、長崎にシーボルトを訪れ、ツンベルク著の『日本植物誌』Flora Japonicaを与えられ、以後、医業のかたわらこの書の研究に没頭し、これを基礎とし、リンネの植物分類式を訳出して付録とした『泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)』2巻を著した。これは日本への近代植物分類学の初の紹介である。医家としては種痘を広めた功績がある。またしばしば博物会を開催し、『救荒食物便覧』(1837)を著し、知識の普及に努めた。1877年(明治10)東京大学理学部員外教授に選ばれ、1881年教授となる。その前年スウェーデン王立学士院から銀牌(ぎんぱい)を贈られ、1888年学位制制定とともに初の理学博士となった。[佐藤七郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いとう‐けいすけ【伊藤圭介】
幕末、明治の本草学者、博物学者。尾張の町医者の家に生まれる。長崎に遊学し、シーボルトに師事し、「泰西本草名疏」を著わしてリンネの植物分類法を紹介。明治二一年(一八八八)日本で最初の理学博士となる。著作に「救荒植物便覧」「小石川植物園草木目録」など。享和三~明治三四年(一八〇三‐一九〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤圭介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊藤圭介の関連情報

関連キーワード

ベートーベン若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道ニューフランスヘルウェティア共和国ホプキンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation