@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊藤梅宇【イトウバイウ】

デジタル大辞泉

いとう‐ばいう【伊藤梅宇】
[1683~1745]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎の次子。名は長英。歴史有職(ゆうそく)実に詳しかった。「見聞談叢」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊藤梅宇 いとう-ばいう
1683-1745 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)3年8月19日生まれ。伊藤仁斎の次男伊藤東涯異母弟。父にまなび,宝永のころ周防(すおう)(山口県)徳山藩,享保(きょうほう)3年以降は備後(びんご)(広島県)福山藩藩儒をつとめた。4年朝鮮通信使の接待役。延享2年10月28日死去。63歳。京都出身。名は長敦(ながあつ),のち長英。字(あざな)は重蔵。著作に「見聞談叢(けんもんだんそう)」「梅宇文稿」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

伊藤梅宇 (いとうばいう)
生年月日:1683年8月19日
江戸時代中期の古義学派の儒学者
1745年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いとう‐ばいう【伊藤梅宇】
江戸中期の儒学者。名は長英。字は重蔵。伊藤仁斎の次子。東涯の異母弟にあたる。歴史や有職故実に精通した。著「見聞談叢」「講学日記」など。天和三~延享二年(一六八三‐一七四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤梅宇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊藤梅宇の関連情報

関連キーワード

伊藤仁斎オイゲン[サボイ公]ペドロ2世[ポルトガル王]オイゲン算額突込もんだフールモン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation