@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊藤蘭嵎【いとう らんぐう】

美術人名辞典

伊藤蘭嵎
江戸中期の儒者京都生。伊藤仁斎の五男。名は長堅、字は才蔵、蘭嵎は号。享保16年(1731)紀伊藩儒として仕官する。安永7年(1778)歿、86才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いとう‐らんぐう【伊藤蘭嵎】
[1694~1778]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎の第5子。名は長堅。兄東涯に学び、和歌山藩主に仕えた。「書反正」「詩古言」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊藤蘭嵎 いとう-らんぐう
1694-1778 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)7年5月1日生まれ。伊藤仁斎の5男。長兄の東涯にまなび,享保(きょうほう)16年紀伊(きい)和歌山藩の儒官となる。東涯の遺児東所を養育し,家塾古義堂をささえる。父とことなり五経を重視して新解釈をうちだした。安永7年3月27日死去。85歳。京都出身。名は長堅(ながかた)。字(あざな)は才蔵。著作に「書反正」「詩経古言」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊藤蘭嵎
いとうらんぐう
(1694―1778)

江戸中期の儒者。名は長堅(ちょうけん)、字(あざな)は才蔵(さいぞう)、号は蘭嵎。伊藤仁斎(じんさい)の4男中の末子で、東涯(とうがい)の異母弟。長兄東涯の字の源蔵(げんぞう)とあわせて「伊藤(堀河(ほりかわ))の首尾蔵(しゅびぞう)」とたたえられた。若くして父を失ったので兄東涯から仁斎の学を教わり、1731年(享保16)紀州侯に仕え、子孫に儒職を伝えた。しかし、かならずしも家学を墨守せず、『大学』『中庸(ちゅうよう)』に異見をもち、父兄が重んじた『論語』『孟子(もうし)』より五経に力を入れ、『詩経古言』『書反正』『易本旨』『春秋聖旨』『読礼記』などの著書に独創的見解を示し、詩文集『紹衣稿(しょういこう)』を残している。

[石田一良 2016年4月18日]

『加藤仁平著『伊藤仁斎の学問と教育』(1940・目黒書店/復刻版・1979・第一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

伊藤蘭嵎 (いとうらんぐう)
生年月日:1694年5月1日
江戸時代中期の儒者;紀伊和歌山藩儒
1778年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いとう‐らんぐう【伊藤蘭嵎】
江戸中期の古義学派の儒者。仁斎の五男。兄東涯に教えを受ける。和歌山藩に仕官。著に「書反正」「詩古言」など。元祿七~安永七年(一六九四‐一七七八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤蘭嵎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊藤蘭嵎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation