@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊賀者【いがもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊賀者
いがもの
伊賀伊賀組ともいう。間諜斥候として江戸幕府に仕えた伊賀郷士 (ごうし) 出身の下士。天正 10 (1582) 年の本能寺当時,堺にいた徳川家康が身の危険を感じて浜松への帰途についた際,伊賀の郷士 300人に警備され,事なきを得たため,開幕後彼らを召しかかえたという。彼らは小普請明屋敷番御広敷番山里口に奉仕し,おもに隠密として諸大名の動静を探る仕事にあたった。 (→甲賀者 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いが‐もの【×伊賀者】
伊賀の郷士で、土地に伝わる忍びの術に長じた者。伊賀忍者
江戸幕府に仕えた伊賀出身の郷士。また、その集団。初めは間諜(かんちょう)・斥候に従事。のちには大奥警護(あき)屋敷番などのについた。伊賀組。伊賀衆伊賀同心

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いがもの【伊賀者】
伊賀国の地侍の呼称。また彼らの任じた江戸幕府の役職名。伊賀之者,伊賀衆ともいう。戦時には間諜,斥候を任務とし,平時には雑役に服した下級の士。1582年(天正10),当時上洛して泉州堺にあった徳川家康が本能寺の変に遭遇し,急きょ難をさけて領国三河に帰還する途中,その〈伊賀越〉に身辺警護の功があって召し出されたという由緒をもつ。このときに伊勢路まで奉した者は直参に取り立てられ,鹿伏兎越(かぶとごえ)(伊賀越)まで供奉して途中から帰国した者200人は服部半蔵正成に預けられて伊賀同心と称し,のち百人組4組のうちの伊賀組や先手(さきて)の諸隊の同心となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いがもの【伊賀者】
伊賀の郷士で、戦国時代より忍びの者として斥候・間諜かんちようなどにあたった者。江戸時代には幕府の諜報活動や雑役に従事した者の職名。伊賀衆。伊賀組。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊賀者
いがもの

伊賀(三重県)の地侍・郷士(国衆)の出身で、忍びの術をもって、江戸幕府や諸大名に採用された者、およびその家筋の者の総称。伊賀流の者が国外に大量に流出したのは1581年(天正9)の織田信長の伊賀攻めによるが、それ以前にも狭小な国に飽き足らず自ら奉公を他国に求める者が少なくなかった。なかでも千賀(せんが)地の上忍服部(はっとり)氏は天文(てんぶん)年間(1532~1555)半三保長(はんぞうやすなが)が松平清康(家康の祖父)に仕えて以来、徳川氏と密接な関係をもち、その子半蔵正成(まさなり)は、配下の忍びを率いて勇戦を重ね、家康の側近として重用された。なかでも、家康の最大の危機の一つであった1582年(天正10)5月の泉州堺(さかい)からの脱出行、とくに鹿伏兎越(かぶとごえ)に功をたてた。これを契機に、家康は同年6月禄(ろく)1000貫をもって伊賀の郷士200人を召し抱え半蔵に付属させた。これが鳴海(なるみ)伊賀衆とよばれる伊賀組同心のおこりである。それ以後、1615年(元和1)の大坂の陣までの諸役での彼らの奮戦は『伊賀者大由緒記』(1692刊)に詳しい。半蔵正成が1596年(慶長1)死去したのち、子正就(まさなり)が後を継いだが器量に欠け、配下の伊賀同心の上訴事件もあり、1605年(慶長10)ついに改易となった。伊賀同心は足軽組頭大久保忠直(ただなお)ら4人に分割支配せられた。1618年(元和4)年寄12人が大奥御広敷番(おひろしきばん)に任用されたのをはじめ、本来の間諜(かんちょう)・隠密(おんみつ)の役から、御用明屋敷番、山普請方、山里門番などの雑用についた。1633年(寛永10)鉄炮(てっぽう)百人組が編成されると、伊賀組は与力20騎・同心100人をもって、甲賀組、根来(ねごろ)組に次ぎ三番組を称した。翌々年、江戸城拡張工事のため甲州口の拝領屋敷から後の南・北伊賀町に替地移転を命ぜられた。

 一方、故地の伊賀は、1608年(慶長13)藤堂高虎(とうどうたかとら)の所領となった。高虎は、大坂夏の陣に伊賀者50人を出兵させ、役後に阿波(あわ)庄右衛門以下20人を正式の忍之衆(しのびのしゅう)に採用している。そのほか、伊賀者は前田利家(としいえ)や福島正則(まさのり)などの大名の下で活躍した。

[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いが‐もの【伊賀者】
〘名〙
① 伊賀国の地侍。また、江戸幕府の下士の職名。天正一〇年(一五八二)本能寺の変の際、徳川家康を警護して無事に浜松に帰還させた伊賀国の郷士を、家康は同心に取り立て、それらを服部半蔵に付属した。のちに江戸に召し出して食祿を与えたのに始まり、江戸城の広敷番、小普請方、明屋敷番、山里等に勤務させた。〔明良帯録(1814)〕
② (伊賀国から多く出たところから) 忍びの者。忍者。伊賀衆。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伊賀者
いがもの
伊賀国(三重県)服部郷を根拠とした郷士の総称
江戸幕府に仕え,鉄砲組などに編入され,江戸城門や将軍外出時の警固などにあたるとともに,忍 (しの) びとして隠密などに使役された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊賀者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊賀者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation