@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊集院の太鼓【いじゅういんのてこ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

伊集院の太鼓[祭礼・和楽器]
いじゅういんのてこ
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
日置市で製作されている。鹿児島県内各地に広く見られる代表的な民俗芸能の一つに、胸に太鼓をつけ矢旗を背負って踊る太鼓踊りがある。そのなかでも伊集院の妙円寺詣り奉納の太鼓踊りが特に有名。伊集院の太鼓は、木材を十分に乾燥してからくり抜いて胴部分にし、これに天日乾燥した牛革を張り付け、打ちしてつくられる。鹿児島県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

伊集院の太鼓(てこ)
鹿児島県日置市伊集院町で生産される和太鼓。主に神社の祭祀用。県指定伝統的工芸品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊集院の太鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊集院の太鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation