@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊集院【いじゅういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊集院
いじゅういん
鹿児島県西部,日置市北東部の旧町域。薩摩半島北部に位置する。 1922年町制。 2005年東市来町,日吉町,吹上町と合体して日置市となる。中心地区の伊集院は,中世は伊集院氏の領地で,のち島津氏直轄地となり,伊集院郷として地頭が支配した。明治以後は郡役所が置かれ,現在も官庁出先機関が多い。主産業は農業で,米作のほかチャ (茶) ,野菜,イチゴミカンなどの栽培や畜産が行なわれる。島津義弘の武功や仁徳を偲んで鹿児島市から往復約 40kmを歩く妙円寺詣りで知られる徳重神社,フランシスコ・ザビエルの公式布教を初めて許した場所として有名な一宇治城跡などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊集院
いじゅういん

鹿児島県西部、日置郡(ひおきぐん)にあった旧町名(伊集院町(ちょう))。現在は日置市の北東部を占める。旧伊集院町は1922年(大正11)町制施行。町名は律令(りつりょう)時代の倉院の名が地名化したもの。1956年(昭和31)下伊集院村の一部を編入。2005年(平成17)東市来(ひがしいちき)町、日吉(ひよし)町、吹上(ふきあげ)町と合併、市制施行して日置市となった。旧伊集院町は薩摩半島(さつまはんとう)北部に位置し、東シナ海に注ぐ神之川(かみのかわ)中流にある小盆地で、周囲はシラス台地。中世、島津忠経(ただつね)が地頭となり、以来その子孫が伊集院氏を称し、一宇治城(いちうじじょう)を拠点とした。のち島津氏の直轄領となり、麓(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。明治以降、郡役所の所在地となり、現在も官公庁の出先機関が多い。交通の便がよく、鹿児島市に近いことからベッドタウン化が進展している。JR鹿児島本線が通り、枕崎(まくらざき)へのバスが発着する。鹿児島三大行事の一つである妙円寺詣り(みょうえんじまいり)は、関ヶ原の戦いでの島津軍の奮戦の故事にちなみ毎年10月第4土・日に島津義弘(よしひろ)を祀(まつ)る徳重神社(とくしげじんじゃ)で行われ、参拝客でにぎわう。

[平岡昭利]

『『伊集院郷土史』(1976・伊集院町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いじゅういん イジフヰン【伊集院】
鹿児島県日置(ひおき)市の地名。薩摩半島基部にある。室町末期、島津氏の直轄地となり、宿場町として発展。妙円寺詣りで有名な徳重神社がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊集院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊集院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation