@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伊馬春部【いまはるべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伊馬春部
いまはるべ
[生]1908.5.30. 福岡
[没]1984.3.17. 東京
放送作家,劇作家。本名高崎英雄。國學院大學卒業後,1932年ムーラン・ルージュ文芸部員となり,伊馬鵜平の名で脚本を書く。 1940年 NHKテレビで放送された日本初のテレビドラマ台本『夕餉前』を執筆。第2次世界大戦後,伊馬春部と改名,NHKの嘱託となり,連続ラジオドラマ『向う三軒両隣り』 (1947~53) などで人気を得た。 1956年 NHK放送文化賞,1961年『国の東』で芸術祭奨励賞,1964年毎日芸術賞受賞。『桜桃の記』 (1967) など多くの戯曲も残している。折口信夫門下で民俗学造詣も深く,歌人でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

伊馬春部 いま-はるべ
1908-1984 昭和時代の劇作家。
明治41年5月30日生まれ。昭和7年ムーランルージュの文芸部にはいり,伊馬鵜平の名で「の木横丁」などを発表。戦後NHK連続ラジオドラマ「向う三軒両隣り」(22-28年)をかいた。36年「国の東」で芸術祭奨励賞。39年毎日芸術賞。昭和59年3月17日死去。75歳。福岡県出身。国学院大卒。本名は高崎英雄。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いまはるべ【伊馬春部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伊馬春部
いまはるべ
(1908―1984)

劇作家。福岡県生まれ。本名高崎英雄。国学院大学卒業。折口信夫(しのぶ)に師事。井伏鱒二(いぶせますじ)の知遇を得て、新宿ムーラン・ルージュの草創期より文芸部に在籍し、伊馬鵜平(うへい)の筆名で現代風刺の新感覚の喜劇を矢つぎばやに発表。代表作に『桐(きり)の木横丁』(1933)がある。1939年(昭和14)NHKの文芸課嘱託となり演出をも担当。第二次世界大戦後の代表作に連続ラジオドラマ『向う三軒両隣り』(1947~53)がある。

[大木 靖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊馬春部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伊馬春部の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者リナロオール国木田独歩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation