@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

休暇【きゅうか】

ナビゲート ビジネス基本用語集

休暇
本来は出勤日だが、本人が申請することで取ることができる休み法定休暇法定外休暇に分けられる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅう‐か〔キウ‐〕【休暇】
会社・官庁・学校などで認められた、休日以外の休み。「休暇をとる」「夏季休暇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうか【休暇】
労働者は,労働基準法により年次有給休暇(39条)および生理休暇(68条)の権利を与えられている。また,労働者が公民権行使を妨げられないように,使用者は労働者が選挙権その他民としての権利を行使し,または公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては拒んではならないとされている(7条)。労働協約就業規則には以上の法律上の休暇のほかに,法定日数を上回る有給休暇,慶弔(法事)休暇,ボランティア休暇,自己研修休暇,メーデー(毎年5月1日),会社創立記念日その他の特別休暇(や年末年始の特別休暇)が定められている例が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きゅうか【休暇】
会社などのやすみ。普通、日曜日や休日以外のものをいう。 -を取る 夏期-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐か キウ‥【休暇】
〘名〙
① (古くは「休仮」とも) 令制で官庁の休日。中央官庁では休日は六日毎に一日与えられ六、一二、一八、二四、三〇日(または二九日)が、それにあてられた。これらの定休日の他に仮文(けぶみ)を提出して臨時の休暇をとることもできた。
※続日本紀‐大宝元年(701)五月己卯「勅、一位已下、賜休暇十五日」 〔漢書‐高帝紀・上〕
② 勤め、学校などを休むこと。また、学校、官庁、会社などの公の休み。やすみ。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「汝等休暇の日に方り、兄弟、朋友相携へて村落を散歩する時」
③ 会社などで、祝日、日曜日以外で欠勤あつかいにならない休み。
※太政官達第三一八号‐明治六年(1873)九月一四日「自今諸官員父母の祭日には休暇を賜り候。此旨相達候事」
④ ひま。職務から解放された自由な時間。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「この秋たまたま休暇(キウカ)を得て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休暇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休暇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation