@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

休止期【きゅうしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

休止期
きゅうしき
resting stage; interphase
一定の活動周期で反復される細胞分裂において,一つの分裂と次の分裂との間にみられる,外見上は動きのない時期。静止期,中間期,代謝期ともいう。核は核膜に包まれ,休止核の状態にある。ただし,細胞の全活動が休止しているのではなく,次の分裂のために必要な核酸の合成などはこの時期の一部に行われるので,休止期をさらに G1 期,S期,G2 期などに分ける。Gは gapの略で,真の休止期を意味する。Sは synthesis (合成) の略である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうし‐き キウシ‥【休止期】
〘名〙 生物の細胞が機能的には活動しているが、核分裂や細胞分裂をしていない時期をいう。代謝期。静止期。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休止期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休止期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation