@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

休止【キュウシ】

デジタル大辞泉

きゅう‐し〔キウ‐〕【休止】
[名](スル)仕事・活動などを、一時休むこと。また、動きが止まること。「運転を休止する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きゅうし【休止】
スル
休むこと。動きがとまること。 運動を-する
[句項目] 休止符を打つ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう‐し キウ‥【休止】
〘名〙
① (━する) 動きを続けていたものが、一時その動きを止めること。休むこと。やめること。中止。
※明月記‐正治元年(1199)三月二九日「午後雷鳴、大雨休止之後猶陰」
※逆徒(1913)〈平出修〉「ある程度以上の感情は悉く活動を休止したのではあるまいかとさへ思はれた」 〔史記‐孝文本紀〕
② 民事訴訟で、当事者の合意または態度に基づいて、訴訟手続きの進行が停止されること。当事者双方が口頭弁論期日に欠席したりすると、三か月以内にあらためて期日指定の申立てをしない限り、訴えの取下げがあったものとみなされてしまう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休止」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休止の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation