@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

休眠打破【きゅうみんだは】

知恵蔵

休眠打破
桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬季に一定期間低温にさらされ休眠から覚めること。その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。冬暖かすぎると春先の気温が高くても開花が遅れることがある。の開花予報の大きなポイント。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きゅうみん‐だは〔キウミン‐〕【休眠打破】
休眠状態にある種子冬芽球根などが、ある特定刺激を受けたのち、活動状態になること。サクラの開花には、冬期に一定期間低温にさらされる必要があることが知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休眠打破」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休眠打破の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation