@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

休耕田【きゅうこうでん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

休耕田
きゅうこうでん
水稲の作付けを行わない水。わが国では昭和40年代に米が過剰となり、その対策として1970年(昭和45)から米の生産調整が始まり、イネの作付けを休む水田が増えた。調整開始時には米作を休む農家に補助金が出たため、休耕田は26万ヘクタールに及んだ。その後、休耕田でのイネ以外の作物への転作が奨励され、休耕田への補助金は1973年で打ち切られたため、多くの休耕田が稲作に復帰した。その後ふたたび昭和50年代に第二次の生産調整が始まり、1982年に休閑した水田は約66万ヘクタール、全水田面積の約22%に及んだ。生産性の悪い山間部の小さな水田などでは、転作も行われないまま放置されるものもあり、その結果、耕土や用水路、周辺施設が荒れて、水田への回復が困難な廃田となっている所もある。[星川清親]
 その後も政府による米の生産調整は継続、2007年(平成19)からは農業者・農業者団体(農業協同組合など)による自主的な生産調整となったが、水田の面積は減少している。2005年『農業センサス』では、水田総面積の25%にあたる51万ヘクタールの水田で稲作が行われなかった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きゅうこう‐でん〔キウカウ‐〕【休耕田】
耕作を一時的にやめている田。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうこう‐でん キウカウ‥【休耕田】
〘名〙 耕作を一時やめている田。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休耕田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

休耕田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation