@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

会典【かいてん】

世界大百科事典 第2版

かいてん【会典 huì diǎn】
中国,・清時代の総合行政法典。中国の法典は大別して刑法典と行政法典の二つとすることができる。刑法典はすなわち〈〉であり,行政法典はすなわち〈〉と〈会典〉(《六典》をも含む)である。の開元年間(713‐741)に編纂された《六典》は,各官庁ごとに関係の諸法規(律令格式およびなど)を集めたもので,主として吏部戸部・礼部・兵部・刑部・工部の六部の下にこれを分載した。そしてこの形式は,宋・元にもある程度うけつがれ,明・清にいたって〈会典〉となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

会典
かいてん

中国、明(みん)・清(しん)時代の行政法令の一大集成。「えてん」とも読まれる。吏、戸、礼、兵、刑、工の六部(りくぶ)ほか、各官庁ごとに関連法律を集めた。明の太祖朱元璋(しゅげんしょう)は即位すると、ただちに明律(みんりつ)、明令(みんれい)を作成した。これは唐以来の律令格式(りつれいかくしき)の大改訂であったが、その律は内容も豊かで数度の改訂があったのに対し、令は簡略で改修もされず、しだいに実用から遠ざかった。そのため、令の内容を含む太祖以下諸皇帝の詔令や行政法規が重きをなした。しかし、明の諸制度は賦役制度をはじめ、中期以後大変化し、それに応じて、諸詔勅や行政法令には総合性を欠くことがおこった。早くも1393年には諸司職掌がつくられ、1458年にはその続編がつくられたが、これを基準として、一般行政規定を総括し、かつそれに対する変更分を付加して会典編纂(へんさん)事業が進められた。明では弘治(こうじ)年間(1488~1505)にひとまず完成し、正徳4年(1509)に校訂を施して刊行され(正徳会典、180巻)、ついで、万暦(ばんれき)15年(1587)第二次の編纂刊行が行われた(万暦会典、228巻)。清朝も康煕(こうき)29年(1690)、雍正(ようせい)10年(1732)、乾隆(けんりゅう)29年(1764)、嘉慶(かけい)17年(1812)、光緒(こうしょ)25年(1899)の各年に編纂された。

[川勝 守]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会典」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会典の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation