@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

会沢安【あいざわやすし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

会沢安
あいざわやすし
[生]天明2(1782).5.25. 水戸
[没]文久3(1863).7.14. 水戸
江戸時代後期の儒学者,思想家。水戸藩士。字は伯民,通称は恒蔵,号は正志斎,憩斎。藤田幽谷に学び,その子東湖らとともに水戸藩主徳川斉昭を擁立。天保1 (1830) 年に郡奉行,翌2年通詞,さらに調役として藩政改革を推進,まもなく彰考館総裁となる。弘化1 (44) 年,幕命による斉昭謹慎とともに禁固。嘉永2 (49) 年,斉昭の罪が解かれるとともに弘道館教授。安政2 (55) 年には小姓頭兼督学に任じられ,藩の重鎮として後期水戸学の発展に寄与した。著書新論』 (57) は尊王攘夷論の先駆をなし,その運動推進の役割を果した。彼は神道を主とし,儒学を合せた大義名分論を唱えた。ほかに著書『退食閑話』 (42成立) ,『下学邇言』 (47成立) ,『及門遺範』 (50成立) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

会沢安 あいざわ-やすし

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

あいざわ‐やすし【会沢安】
江戸後期の水戸藩の学者。号、正志斎、字、伯民、通称、恒蔵。水戸に生まれ、藤田幽谷に学ぶ。文政九年(一八二六)、彰考館総裁、藩校弘道館教授となる。尊王攘夷論を唱え、藩主、斉昭の藩政改革を助け、水戸学の発展に尽くした。著「新論」「迪彝篇(てきいへん)」など。天明二~文久三年(一七八二‐一八六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会沢安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会沢安の関連情報

関連キーワード

フェイト天明の飢饉モーツァルトフェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関

他サービスで検索

「会沢安」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation