@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

会津若松市【あいづわかまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

会津若松〔市〕
あいづわかまつ
福島県西部,猪苗代湖西岸から会津盆地南部を占める市。古くから会津地方の中心都市。 1899年市制の若松市が 1951年町北村を編入ののち,1955年高野村,神指村,一箕村,東山村,門田村,大戸村,湊村の7村を編入し会津若松市と改称して成立。 2004年北会津村,2005年河東町を編入。中心市街地の若松は,元中1 (1384) 年蘆名直盛が湯川の近くの小田垣に館を築き,天正 18 (1590) 年蒲生氏郷が鶴ヶ城と改称し,城郭と町割を完成。その後上杉氏の支配となり,さらに会津藩松平氏の城下町として発展した。会津戦争で城郭や市街は破壊されたが,町人町や城下町特有の道路の屈曲,土蔵造りの民家が残っている。会津の伝統産業である造り酒屋や漆器製造の家々が多い。会津塗の漆器は特産で,市街地南部には漆器工業団地があり,量産されている。会津盆地の商業,交通,行政,教育の中心。米作のほかリンゴ,ブドウなどの果樹栽培も盛ん。延命寺地蔵堂,八葉寺阿弥陀堂は国の重要文化財に指定。若松城跡 (鶴ヶ城跡) ,旧滝沢本陣,大塚山古墳,会津藩主松平家墓所は国指定史跡。会津松平氏庭園は国の名勝,赤井谷地沼野植物群落,高瀬の大木 (ケヤキ) は国の天然記念物にそれぞれ指定されている。ほかに,飯盛山,蒲生氏郷の墓,山鹿素行の生誕地などの名所,旧跡東山温泉などがある。市域北部は磐梯朝日国立公園に,南西部は大川羽鳥県立自然公園に属する。 JR磐越西線が通り,只見線と会津鉄道が分岐。国道 49号線,118号線,121号線,252号線,294号線,401号線が通り,磐越自動車道のインターチェンジがある。面積 382.97km2(境界未定)。人口 12万4062(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あいづわかまつ‐し〔あひづわかまつ‐〕【会津若松市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会津若松市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会津若松市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation