@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

会計帳簿【かいけいちょうぼ】

世界大百科事典 第2版

かいけいちょうぼ【会計帳簿】
企業が財産と損益の状況を明らかにするため作成する帳簿で,会計事実の原始的記録である日記帳,これを貸方借方に仕訳する仕訳帳およびこれを勘定として整理する元帳などの主要簿とそれらを補充する各種の補助簿がある。すべての商人は会計帳簿を作成し,(1)開業のときおよび毎年1回一定の時期における営業上の財産およびその価額,会社では,成立のときおよび毎決算期における営業上の財産およびその価額,(2)取引その他営業上の財産に影響を及ぼす事項を記載しなければならない(商法33条1項)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

会計帳簿
かいけいちょうぼ
account books
貸借対照表などの計算書類を作成する元になる帳簿。日記帳,仕訳帳元帳とその他の会計記録に必要な補助簿などからなる。会社は適時に正確な会計帳簿を書面または電磁的記録により作成しなければならず,会計帳簿の閉鎖時から 10年間は保存の義務がある(会社法432条1,2項)。(→商業帳簿

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

会計帳簿
かいけいちょうぼ
広義には会計を記録する帳簿を意味するが、狭義には商法・会社法がその作成を要求している帳簿である。商法・会社法は、商人・株式会社に対して法務省令(会社計算規則)に定めるところにより、会計帳簿の作成と帳簿閉鎖のときから10年間の保存を定めている(商法19条、会社法432条)。
 しかし、商法・会社法は、会計帳簿の具体的な様式や種類を定めてはいない。したがって、それについては一般に公正妥当と認められている企業会計の慣行に従って解釈されることになろう。企業会計においては、複式簿記を前提とすれば、仕訳帳や元帳といった主要簿と、さらに必要に応じて現金出納帳や売上帳、仕入帳などの補助簿が用いられている。したがって、これらの帳簿が会計帳簿に含まれると解される。[万代勝信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計帳簿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

会計帳簿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation