@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伝導帯【でんどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伝導帯
でんどうたい
conduction band
結晶内の電子のエネルギー帯において,電子が占めているエネルギー帯のうち最も高いエネルギーにあり,しかもその一部分エネルギー準位しか電子によって満たされていないエネルギー帯。金属では絶対零度でも伝導帯内に電子が存在するが,半導体の伝導帯内の電子は禁制帯をへだててエネルギーの低い価電子帯の電子が熱的に励起されて生じたものであり,絶対零度では電子は存在しない。絶縁体では価電子帯とへだてる禁制帯のが大きく (3~4eV以上) ,通常の温度では伝導帯に電子は存在しない。伝導帯内には電子に占められていない空いたエネルギー準位があるため,伝導帯内の電子は電界によって加速され,これらの空いた準位に移り電流が流れる。これが金属や半導体の導電現象である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんどう‐たい〔デンダウ‐〕【伝導帯】
結晶のバンド構造の中で、電気伝導に寄与する自由電子がとるエネルギー帯絶縁体半導体いずれの場合でも、通常は電子が存在しない空の状態であり、禁制帯のエネルギー幅を超えて価電子帯の電子が励起されると、電流が流れる。導体の場合、フェルミ準位よりも高いエネルギー帯が伝導帯となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんどうたい【伝導帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

伝導帯
デンドウタイ
conduction band

[別用語参照]エネルギー帯

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝導帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝導帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation