@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伝導電子【でんどうでんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伝導電子
でんどうでんし
conduction electron
電気伝導にたずさわる電子通常結晶伝導帯にある自由電子のことをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんどう‐でんし〔デンダウ‐〕【伝導電子】
金属や半導体中で、電位差によって移動し、電気を伝導する自由電子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんどうでんし【伝導電子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

伝導電子
でんどうでんし
conduction electron

物体中に電流が流れるとき、電荷を運ぶ「運び屋」は、イオンの場合もあるが、多くの場合は電子である。この「運び屋電子」を伝導電子という。古典電子論では、金属が電気と熱の良導体であるのは、自由に動き回ることのできる電子、すなわち自由電子をもっているためであると考えた。この場合、伝導電子は自由電子である。これに対して、絶縁体では、電子はすべてイオンに束縛されていると考えた。自由電子といっても、完全に自由なわけではなく、平均してある距離(物体によって異なる)を進むと散乱されて、平均速度が0となる。この距離を平均自由行程とよぶ。古典的な自由電子の考え方によって、物体の電気伝導、熱伝導、光学的性質などをかなりよく説明することができた。しかし、実験技術の進歩によって、諸物性の精密な測定が可能になるにつれて、古典電子論では不満足な点が現れてきた。その代表的な例は電子比熱で、古典電子論から予想される値とはまったくかけ離れた小さな値しか示さない。これらの不一致を解決するために提案されたのが量子力学的電子論である。もっとも簡単なモデルは、箱の中に電子を閉じ込めた場合で、箱の中を電子は自由に動き回ることができることから、このモデルを自由電子モデルとよぶ。この場合の電子は、量子力学的な自由電子で、波動としての性質を備えている。実際の結晶中では、自由電子モデルとは異なり、イオンが規則正しく並んでいて、電子に対して周期的ポテンシャルをつくっている。このポテンシャルの影響によって、波動としての電子は、波長によっては結晶中で完全反射を受けることになる。実際には、このような波長に対応するエネルギーをもった電子は結晶中に存在できないことになり、結晶中の電子が占有することのできる電子の状態は、いわゆるエネルギー帯(エネルギー・バンド)構造をつくる。エネルギー帯を構成する状態の電子の数は有限で、しかも各状態には正および負のスピンをもつ電子がそれぞれ1個ずつしか入れないから、完全に電子で満ちたバンドと、部分的にしか満たされないバンドとが考えられる。完全に満ちたバンドでは、ある方向にある速度で動く電子があれば、かならず同じ速さで正反対の方向に動く電子があるので、伝導には関係しない。これに対して、部分的にしか満たされないバンドを伝導バンドといい、このバンドに属する電子だけが伝導電子として、電気や熱を運ぶことができる。このようなバンド理論によって、物体の電気的・熱的・磁気的・および光学的諸物性をよく説明することができる。

[野口精一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でんどう‐でんし デンダウ‥【伝導電子】
〘名〙 導体中を移動し電流のもととなる電子。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

伝導電子
デンドウデンシ
conduction electron

金属内電子のうち,フェルミ面近傍のエネルギー準位にある電子群をいう.これらは外部電場によって加速され,次々と高いエネルギー準位に励起されていき電流を生じる.[別用語参照]エネルギー帯

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝導電子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝導電子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation