@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

伝染性軟属腫【でんせんせいなんぞくしゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伝染性軟属腫
でんせんせいなんぞくしゅ
molluscum contagiosum
小児の躯幹四肢顔面などに好発するウイルス性の良性腫瘍。大きさは粟粒ないしエンドウ大で,半球状に隆起し,表面滑沢,淡紅色,中心臍窩を生じ,かゆ状物質が圧出される。ときにかゆみがあり,かくことで広がる。組織学的には,表皮は小葉状となって真皮内に進展し,周囲を圧排する。基底細胞には著しい変化が認められないが,棘細胞は大きくなり,細胞質内には軟属腫と呼ばれる封入体が認められる。 (→いぼ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんせんせい‐なんぞくしゅ【伝染性軟属腫】
主に小児に発症するウイルス性の皮膚感染症。皮膚の直接接触で感染し、体幹や四肢に中央が少しくぼんだ丘疹ができる。性感染症として成人に発症することもある。水いぼ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんせんせいなんぞくしゅ【伝染性軟属腫 molluscum contagiosum】
俗に〈みずいぼ〉あるいは〈百いぼ〉と呼ばれるもので,ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスの感染によって皮膚にできる腫瘤。学童期以下の幼小児に多く,成人にみることは少ない。アワ粒大からエンドウ大までの半球状に隆起し,中心にへそ様のくぼみのある小腫瘤で,表面は皮膚色で蠟様の光沢がある。つまむと白色粥状のが排出されるが,これにウイルスが含まれており,接触により伝染する。水泳教室における流行が問題となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

内科学 第10版

伝染性軟属腫(ポックスウイルス)
c.伝染性軟属腫(molluscum contagiosum)
概念
 伝染性軟属腫は,伝染性軟属腫ウイルス(molluscum contagiosum virus)(ポックスウイルス科モルスキポックスウイルス属)による良性状の丘疹を呈する皮膚感染症である.
病原体
 伝染性軟属腫ウイルス.
感染経路
 ヒトのみが伝染性軟属腫ウイルスの宿主である.感染は性行為を含めた直接接触,タオルなどを介した接触による.自家接種によっても病変は拡大する.
疫学
 ときに保育施設などでの集団発生が起こることがある.臨床症状.潜伏期は2~7 週であるが,さらに長期間の場合もある.発熱などの全身性症状はない.直径およそ5 mmで,中央に臍窩が存在する.肌色から半透明の半球状丘疹が散在する.その病変は,体幹,顔面,四肢に多発し,その病変数は通常2~20個程度の比較的少数である.湿疹を有する児,HIV感染者を含めた免疫不全者では,病変が重症化することがある.
診断・治療予防
 診断は,特徴的な病変部の性状により臨床的になされる.病理学的には,Wright染色やGiemsa染色すると病変中心部に特徴的な細胞内封入体が認められる.電子顕微鏡検査により,ポックスウイルス粒子が同定できる.病変は自然退縮するが,病変(中心部)を物理的に除去するとより早く治る.一般的に小児の単一あるいは散在性病変の治療は不要である.サリチル酸や乳酸などの皮膚剥脱剤,電気焼灼器,液体窒素などが病変除去に有用である.[西條政幸]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

六訂版 家庭医学大全科

伝染性軟属腫(みずいぼ)
でんせんせいなんぞくしゅ(みずいぼ)
Molluscum contagiosum
(皮膚の病気)

どんな病気か

 小児期によくみられる皮膚の軟らかいいぼです。性行為感染症として、成人の陰部にみられることもあります。

原因は何か

 伝染性軟属腫ウイルスの感染によって発症します。感染様式は接触感染で、アトピー性皮膚炎やそのほかの要因により皮膚のバリア機能に障害がある時に感染しやすいといえます。

症状の現れ方

 単発あるいは多発性に認められる径1~5㎜ほどの丘疹(きゅうしん)小結節(しょうけっせつ)が体幹、四肢に現れます。通常の色あるいは淡紅色の皮膚でおおわれ、半球状に隆起しています。発達したものでは中心が臍窩状(さいかじょう)に(へそのように)陥没することがあります。自覚症状はないことが多いのですが、炎症などによりかゆみを伴うこともあります。

検査と診断

 臨床的にみずみずしい外観のドーム状小丘疹があれば、診断は容易です。ほかの病気との区別が必要な場合は、粥状(じゅくじょう)の内容物をつまみ出して確認するか、病理組織学的に表皮内に形成される特徴的な封入体を観察します。

治療の方法

 現在のところ、本症に対する安全かつ有効な抗ウイルス薬は存在しません。統計的には、放置しても平均して約半年の経過で自然に脱落すると報告されていますが、年余にわたって存在し、数が増えることもあります。

 不快感を取り除くため、また、ほかへの伝搬を予防する意味でも、鉗子(かんし)などで内容物をつまみ出す摘除術もよく行われます。多くは自然消退することを念頭において、摘除するかどうか決定します。

 性行為感染症としての本症では、鉗子などによる除去を第一選択として行います。

病気に気づいたらどうする

 皮膚科か小児科を受診してください。

関連項目

 アトピー性皮膚炎

安元 慎一郎

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝染性軟属腫(みずいぼ)
でんせんせいなんぞくしゅ(みずいぼ)
Molluscum contagiosum
(感染症)

どんな感染症か

 ポックスウイルス科モルシポックスウイルス属の、伝染性軟属腫ウイルスの感染によります。いわゆる「みずいぼ」のことです。一般に小児、とくにアトピー性皮膚炎の小児によく起こり、プールで感染することが多くみられます。

 また、性行為感染症(STI)として、成人の性器に多発することがあります。

症状の現れ方

 主に、毛包(もうほう)から感染します。2~7週の潜伏期ののちに、粟粒(ぞくりゅう)大~大豆大(1~数㎜大)までの、中央に凹みのあるドーム状の腫瘍が、体幹部や四肢に多発します。

 表面は平滑で、白色~皮膚色で(ろう)のような光沢があり、数個あるいは無数に散在したり集まったりしています。周囲が湿疹化し、かゆみを伴うことがあります。

検査と診断

 ピンセットでつまむと、乳白色の粥状(じゅくじょう)物質が押し出されるのが特徴です。ひとつだけの場合、いぼ稗粒腫(はいりゅうしゅ)(眼のまわりの小さな白っぽいできもの)との区別が必要で、切除して組織像で診断します。

治療の方法

 ピンセットで一つ一つ摘み取るのが最も確実な方法です。液体窒素(ちっそ)による凍結療法や、硝酸銀(しょうさんぎん)などの腐食剤などで取る方法もあります。みずいぼは数カ月から数年、持続しますが、自然に、または外傷や細菌感染をきっかけに治ります。再感染もしばしば起こります。

病気に気づいたらどうする

 みずいぼが増えない前に、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。

本田 まりこ

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伝染性軟属腫
でんせんせいなんぞくしゅ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝染性軟属腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝染性軟属腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation